俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

離郷のホーム靴先に春の泥

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某俳句査定のお題で一句。関係無いですが、僕は横尾名人推しです。

最新の添削

「離郷のホーム靴先に春の泥」の批評

回答者 青井猫

秋沙美さん、こんにちは。
髪切虫の提案句ありがとうございました。残す余韻で味が変わりますね。リズムも少し軽くてイタズラっぽさが出るような感じがします。

御句、季語がとても効いていて故郷のあたたかみと向かう場所への希望を感じました。硬めの措辞から行く先への緊張感や覚悟も漂っている気がします。いい句だなと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、青井猫さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

離郷のホーム新しき靴翠雨

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

個人的には、横尾師匠は破調が多いので定型のチャレンジ句を見てみたいような。

御句、映像はよく出ておりますね。
離郷ということで三月イメージで「春の泥」としたのでしょうか?
某番組は当季でないと評価が下がりがちですね・・・

春の泥そのまま使うなら、助詞「靴先の~」の方が対比も出るので好みです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「離郷のホーム靴先に春の泥」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。
御句・・このままでいいのでしょうけど、私の感覚では、離郷・ホームは、少し時代がかっている感じがするので、添削ではなく、私なりに詠むと

靴先に春の泥つけ故郷出づ

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ただ一人私にはもう月冴えて

作者名 優子 回答数 : 2

投稿日時:

玉子酒頑固親父の曳く屋台

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 5

投稿日時:

岩手山冬の霞に挟まれた

作者名 みちのく 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『離郷のホーム靴先に春の泥』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ