俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

打ち上げの酒場に根城喜雨の街

作者 はちこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

バンド仲間と打ち合わせにつかう酒場が我々の根城です。

最新の添削

打ち上げのいつもの酒場喜雨の街

回答者 負乗

はちこさん、こんばんは🙂
拙句「〜天道虫」へのご批評ありがとうございました。
私のコメントの「古典と競する…」というのは、石田波郷先生(かってにそう思っているだけです…)の言葉です。ひょっとして、失笑されたかも…😰 (なにか自負がある訳ありません。)
「雨の雫」とか、たしかに無駄が多いですかね…

御句ですが、「酒場」「根城」「街」と場所を表す語が三つもあります。
「根城」は最初"こんじょう"と読んでしまいました。「根城喜雨」という街なのかと思いました。"ねじろ"でしたか。要らなくないですか…
それと、他の皆さんが指摘しているように、「酒場に根城」は、単純に意味の繋がりとしておかしくないですか…
そのへんだけ変えてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

喜雨の来し我らが根城たる酒場

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

はちこさん、こんにちは。
まず、助詞「に」は違うんじゃないかというのが初読の印象です。
「酒場は根城」あるいは語順を変えて「根城の酒場」など、より通りが良さそうなパターンは他にもありそうです。

他に気になったのは、要素がギュッと詰まっていて景に乏しい点です。

「酒場(近景)」→「街(遠景)」と二つの場所を繋げた意図は分かります。が、御句の場合は他にも「根城」「打ち上げ」といった要素が詰まっているので、場所情報のどちらかは諦めた方が句がまとまるかと。
要素が多い句の場合、句の元になる要素を書き出した上で、自分が入れたい優先順位をつけてみるのをオススメします。
御句の場合だと
「打ち上げ」「酒場」「根城」「喜雨」「街」←ここまでは句に入っている要素で、それ以外にも「バンド」「仲間」といった、作句の上で諦めてしまった要素が存在します。
何を諦めて何を残すか?というのも推敲です。その一例として、上の添削句はいくつか要素を諦めて、代わりに「仲間」を入れてみました。

あるいは、「ライブ後の酒場」とすれば、「バンド、仲間、打ち上げ」という要素を内包させる事も可能となります。これを某なっちゃん先生用語で『言葉の経済効率』と呼んだりします。
それを踏まえ、下は言葉の経済効率を意識しつつ喜雨の存在感をより強めてみたパターンです。

「ライブ後の酒場の窓を叩く喜雨」

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

打ち上げは根城喜雨にかすむ街

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

拝読しました。
・ちょっと要素が多くてぎゅうぎゅうして見えますね。
・「に」をなぜ使ったのかわかりませんでした。「打ち上げの酒場としていつもの根城を使った」という意味だとしたら、少し説明くさい気配がします。他の意図があったらすみません。
・「喜雨の街」が、若干とってつけたように下五に置かれているように見えますね。

提案句を出すのが難しいです・・・「喜雨にかすむ」を使っていいのかどうか・・・先生によってはダメというかもしれません。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「打ち上げの酒場に根城喜雨の街」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

はちこさん はじめまして。
代田の句にコメント頂き、ありがとうございました。
実は最初は代田に映った空を詠もうとしてました。
でも、字に起こしてみると中々難しく、ならば、周りの景色を句にした方が読む人に解りやすいかもと。
なので、はちこさんのご指摘は、気持ちを察して貰えたようで嬉しかったです。

さて、御句ですが、ライブ成功の乾杯の場面が読み取れます。句を作り変えるよりも、語順と「に」を「の」に代えるだけで十分です。
「打ち上げの根城の酒場喜雨の街」
馴染みのお店で乾杯している場面から、やさしい雨に潤されている街に景が切り替わる「視点の切り替わり」
のある良句だと思います。
それでは、またご意見お願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱帯魚泳ぐ姿は踊るよう

作者名 福田 回答数 : 4

投稿日時:

朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露

作者名 かぬまっこ 回答数 : 9

投稿日時:

春時雨友の集いは今昔を

作者名 素一 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『打ち上げの酒場に根城喜雨の街』 作者: はちこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ