俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木の股に収まる猫や葉の桜

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夏へシフトします

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「木の股に収まる猫や葉の桜」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
武者人形の句への添削いただきありがとうございました。
なるほど! 「へ」で繋ぐこと浮かびませんでした。 時代というか世代の受け継ぎも表現されるように思います。勉強になりました。
御句拝読させていただき、「新緑の気持ちの良い季節だなぁ~。猫も恋も終わって、のんびり薫風を感じながらのお昼寝かぁ~。」と伝わって来ました。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「木の股に収まる猫や葉の桜」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんばんは。添削ありがとうございました😊
上五、中七の「木の股に収まる猫や」の措辞は、可愛くていいですね。ただ、他の方も指摘されているように、「葉の桜」は解せません。イサクさんほどの方なら、何か意図があるとは思いますが…

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「木の股に収まる猫や葉の桜」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・添削句、かなり私好みで頂きたい句です。ありがとうございました。
御句・・皆さんが指摘していますが、私も「葉の桜」の季語はひっかかります。新しい言葉に挑戦したのだとおもいますが、「葉桜」は新緑までをさし、季感がありますが、「葉の桜」とすると落葉するまでの呼び方になり、季感がなくなると思います。それと
造語感出てしまうと思います。いかがでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

短夜や止む事はなき風と雨

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 0

投稿日時:

春ひとり千歩をゆかば一句得て

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

明易や腹見て焦りウォーキング

作者名 やっこ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木の股に収まる猫や葉の桜』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ