俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏めくやベンチに座る父無職

作者 はちこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ちょっとまぁいろいろと(ごにょごにょ

最新の添削

「夏めくやベンチに座る父無職」の批評

回答者 よし造

「即きすぎ」というのは「取り合わせたものが同じことを言っている」場合とか「
説明している」場合だと私は考えています。私の提案句の場合、日永という季語とその他の物語との関係ですが、日永という季語に時間を持て余すという意味を見ている人がいるとすると、日永も(時間を持て余す)職がないも(時間をもて余す)と同じ意味になってしまいます。それで即きすぎだといわれてしまいます。
もし、日永の季語に「春ののどかさ」を見るのなら、もう少し陰影のある父親像になって、即きすぎではなくなるのですが。分かりにくいでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

失業の父よ蝉時雨の滂沱

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

はちこさん、こんにちは。

無職の父をどこか他人事のような感じで客観的に見つめている感じが良いですね。
一応言っておくと、「ベンチの父」と書けば、「座る」は省略可能です。しかしあえて「座る」を置く事で、父がベンチにじーっと座っているような、そんな動作を詠み手に想像させる事も出来ます。
個人的には座るは省略して別の事を書きたく思いますが、これは個人の好みなので正解はないのでしょう。

提案句では季語だけ変えて…と思ったのですがガッツリ改変してしまいました。すみません。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

永き日のベンチに一人父無職

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句コメント 景が大きいというコメント嬉しいです。
御句・・このままで十分いいと思いますが、寂寥感を出してみました。「一人」はベタな表現ですし、季語と無職は付きすぎと言われそうですが。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

ががんぼやベンチに座る父無職

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この取り合わせは、これぞ俳句、ですね。
私はまだ近い季語を使ってしまう癖があるので、勉強させていただきます。
提案句は、すみません(勝手に)いくつか動物の季語を試しに合わせてみたのですが、そのうちではマシだったものです。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏めくやベンチに座る父無職」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
御句拝読させていただき、季語「なつめくや」がとても効いてると思いました。
そして、「はちこさんワールド」を感じ、自分の句の世界を出せるって素敵だと羨望しました。

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白梅や留まる鴉の瞬き

作者名 そうり 回答数 : 2

投稿日時:

パンジーや信長のおそるる帰蝶

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

広き門閉ざされしまま松飾

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏めくやベンチに座る父無職』 作者: はちこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ