俳句添削道場(投句と批評)

翔子さんの添削最新の投稿順の265ページ目

「散る花が指をすり抜け老いを知る」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 散る花が指をすり抜け老いを知る

橘様🍀💕
私も手をすり抜けっ放しです💦🙇今年は孫と桜を見る事が出来ませんでした😭婆さん馬鹿みたいに異常な程孫が可愛くて仕方ないです。二人で軽井沢のペンションに行くのが夢です🍀

点数: 1

「坂道で足元踊る花埃」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 坂道で足元踊る花埃

橘様
はじめまして、とても綺麗な句に惹かれます。足元にも花びらが、舞っているのが思い浮かびます。ありがとうございます。

点数: 1

「蝶追ひて保母より先を走りゆく」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 蝶追ひて保母より先を走りゆく

久田様
コメントありがとうございます。こぬか雨、そうですね、より繊細になって素敵です。こちらのコメントですが、私は幼稚園の先生をやっていた時期があったので、新米先生の時は、園児がばらつくと、とてもハラハラしました。懐かしさが蘇りました。ありがとうございます。

点数: 1

「春マスクレターパックに母の文字」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 春マスクレターパックに母の文字

添削ありがとうございます。とても綺麗にまとめて頂いて嬉しいです。春マスクの句も流れがとても綺麗だと思います。お子さんを思う気持ち、察します。私もコロナウィルスで行けないので、娘や孫が恋しいです。

点数: 1

「引く網に香るオーロラ蛍烏賊」の批評

回答者 翔子

添削した俳句: 引く網に香るオーロラ蛍烏賊

綺麗な句に惹かれます。食べるには、沖漬けと云うのが一般的なのでしょうか?

点数: 1

翔子さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

覚えたよミルクセーキの作り方

回答数 : 4

投稿日時:

白い朝沈思黙考絵画見る

回答数 : 1

投稿日時:

花の春梅香漂う吉野郷

回答数 : 3

投稿日時:

野の花よ青き可憐ないぬふぐり

回答数 : 1

投稿日時:

寝たきりの三月生まれ父の顔

回答数 : 1

投稿日時:

翔子さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

水無月の限りや捨て猫の骸

作者名 つちや郷里 回答数 : 2

投稿日時:

父の日やなんだ靴下一足か

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

地吹雪の盆地の隣は日照るらし

作者名 04422 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ