俳句添削道場(投句と批評)

久田しげきさんの添削投稿の古い順の368ページ目

「霧深し絶えぬ川音湯宿朝」の批評

回答者 久田しげき

添削した俳句: 霧深し絶えぬ川音湯宿朝

材料が詰めすぎと思います。「霧深し露天の湯まで川の音」

点数: 0

久田しげきさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

無能無才老いたる猫と日向ぼこ

回答数 : 2

投稿日時:

藍染の四十八色冬の水

回答数 : 1

投稿日時:

明かり消しそれがよろしい月見酒

回答数 : 0

投稿日時:

篆刻の眼を休めをり秋灯火

回答数 : 0

投稿日時:

出窓には金木製の触れゐたり

回答数 : 0

投稿日時:

久田しげきさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

神すらも集まれぬとは神無月

作者名 イサク 回答数 : 3

投稿日時:

人ん家に飛び込む子規の忌の飛球

作者名 つちや郷里 回答数 : 6

投稿日時:

少女きて金魚の墓に花を挿す

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ