俳句添削道場(投句と批評)

げばげばさんの添削最新の投稿順の4ページ目

「水鳥のくちばし水をほじくりぬ」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 水鳥のくちばし水をほじくりぬ

こんにちは!
HFということは、俳句ファイアー立志さんですか?もしかして。
こんにちは、げばげばです。
先日は俳句そしてプライベートでおめでとうございます(^^♪

さて、御句。一物のチャレンジって、難しいですよねえ、だれも気付いていないというアプローチまで観察しないといけないというのも、なかなかで、すぐ私は二物にいってしまいます。
水、なのに、ほじくる、という動詞なかなかおもしろい試みですね。
卓鐘さんと同じで「くちばし」を省いて何かやりたくなりますね。句意と違って一羽なのか数羽なのかという少し違う景になって改になってしまっていたらすいません。

水鳥のほじくる水のるいるいと

立志さん、またよろしくお願いいたします。

点数: 0

「掛け軸の落款は叔父冬椿」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 掛け軸の落款は叔父冬椿

こんにちは。
げばげばと申します。

御句。助詞語順だけでも説明感や散文感は減らせそうです。叔父でなく落款のアップにいきたいというのもあります。

掛け軸に叔父の落款冬つばき

点数: 2

「大試験時間のなくてすべて四」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 大試験時間のなくてすべて四

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。
文芸選評もおめでとうございます。いい句でした。入院などいろいろ大変でしたが、歳末に俳句の佳き結果。うれしいですね。

御句。中七がまるごと説明なので避けたいですね。
四ばかり塗りつぶしたり大試験

句意に添えていますでしょうか?

点数: 1

「辛きこと好む友あり冬の山」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 辛きこと好む友あり冬の山

再訪!
いやいや、読売俳壇の小澤先生の軍手の句も、モノを詠む手本のような句でした。みなさんになおじいさんの句を見てほしいです!

点数: 2

「辛きこと好む友あり冬の山」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 辛きこと好む友あり冬の山

あ!そういえば再訪。
日経の短歌の方、見ましたよ!
校長先生!条約!すてきな歌でした。まとまりがいいってなおじいさんの視線だなあ。
1ヶ月に2回すごいなあ。おめでとうございます💫私は一回で日経から離れましたが、俳誌の方で楽しんています!

点数: 1

げばげばさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

二月とは穴のあきたるコッペパン

回答数 : 18

投稿日時:

木菟啼きて嫁に行くなと云ふのです

回答数 : 8

投稿日時:

中古車犇犇スモッグ濃き埠頭

回答数 : 14

投稿日時:

クレーンを運ぶクレーン昼の虫

回答数 : 4

投稿日時:

優勝の号外に葱つつみけり

回答数 : 16

投稿日時:

げばげばさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

碁敵の提げてきたるは新走

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

秋刀魚の目澄んだ黒目が見てゐます

作者名 長谷機械児 回答数 : 4

投稿日時:

春の雨ひと粒毎の希望かな

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ