俳句添削道場(投句と批評)

大江深夜さんの添削得点の高い順の2ページ目

「もう着れぬ山にため息衣替え」の批評

回答者 大江深夜

添削した俳句: もう着れぬ山にため息衣替え

毎度御世話様です。
句会でここ数ヶ月ささゆみさんの本気の句を読んでいる身としてはいささか物足りなく感じました。
どこかに応募する時とは別の作品を添削依頼に出していらっしゃるのでしょう。
先月の句会での「代田」の句を読んでささゆみさんには完全に抜かれたと思いました。
これからも御健吟に。

点数: 1

「幾山河越え海中を行く鰻」の批評

回答者 大江深夜

添削した俳句: 幾山河越え海中を行く鰻

どうも始めまして。
山というのは地表だけに存在している訳ではありません。海中にはエベレストより高い山があるそうです。
着眼点がよろしかったと思います。

点数: 1

「けもの道スポットライトと蛇苺」の批評

回答者 大江深夜

添削した俳句: けもの道スポットライトと蛇苺

けもの道にスポットライトが捨ててあったのでしょうか。蛇苺と取り合わせるとこの上なくシュールです。しかしながら実際にあった光景でも唐突感は否めません。

点数: 1

「玉葱はざく切りカレー旨くなれ」の批評

回答者 大江深夜

添削した俳句: 玉葱はざく切りカレー旨くなれ

どうも初めまして。

人参でもよさそうな気がしました。

点数: 1

「写真にてちょこんと座るあやめ前」の批評

回答者 大江深夜

添削した俳句: 写真にてちょこんと座るあやめ前

どうもこんにちは。
私も孫俳句を頭から否定しません。しかし写真のあやめを詠んだところであやめは季語として機能しません。
また、俳句では口語と文語は統一して使うのが基本ですから掲句の場合は「ちょこんと」でも「ちよこんと」でもどちらでも構いません。
本来指摘すべき部分を指摘できなくなったこの添削道場のレベル低下や人材不足を感じています。

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

大江深夜さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

求婚の声裏返る雨水かな

回答数 : 2

投稿日時:

陽炎を追ふランナーの聖火かな

回答数 : 0

投稿日時:

マネキンの瞳の青し春の雨

回答数 : 4

投稿日時:

如月の東京やけに透きとほる

回答数 : 2

投稿日時:

大寒や煙を上ぐる半田鏝

回答数 : 3

投稿日時:

大江深夜さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

裸の灯に一匹貰ふ夜店かな

作者名 素一 回答数 : 3

投稿日時:

夏の浜多分私じゃなくていい

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

竃馬死す便所に宿る花子さん

作者名 花子 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ