俳句添削道場(投句と批評)

ありんこさんの添削投稿の古い順の2ページ目

「夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり」の批評

回答者 ありんこ

添削した俳句: 夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり

三男様
添削、お気遣いありがとうございます。
「心の働きを表す動詞」という分類があるのですね。これも勉強です。
ただ、このような暗黙のルールが果てしなくありそうで、やや途方に暮れている感があります。
道標のない砂漠を恐る恐る歩き始めてみたら、「そこは地雷だよ」と言われたような気持ちとなっており、書籍をご紹介頂けたのはとても助かります。
ただ、読もうと思っている書籍が少しばかり溜まっており、食傷気味であることも否めません。
ゆっくり歩きながら、少しずつ修整して行くのがいいのでしょうが、腰が引けつつあります。
なにか途轍もない扉を開けてしまったような思いです。。。

点数: 1

「紫陽花は雨に揺られて嬉しさう」の批評

回答者 ありんこ

添削した俳句: 紫陽花は雨に揺られて嬉しさう

いなだはまち様
ありがとうございます
今度は漢字、ひらがなですね
うーん、課題が多くて身動きが取れなくなりそうです
歩き続ければ、少しずつでも進歩はあると信じてもう少し進んでみます

点数: 1

「夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり」の批評

回答者 ありんこ

添削した俳句: 夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり

三男様
小生のコメント読み返しました
愚痴りモードで大変失礼しました
今後も引き続きご指導頂きたくお願いします

点数: 1

「三個パック三晩続けて冷奴」の批評

回答者 ありんこ

添削した俳句: 三個パック三晩続けて冷奴

いなだはまち様
添削ありがとうございました
「釣り」まさに!です
ご指摘のとおり、名詞の「羅列」です
「助詞で繋げば詩になる」と聞くと、そうか助詞を選べばいいのかと妙に納得してしまいした

「因果関係」や「心の働きを示す動詞」の指摘を受けて、逃げの姿勢で作ってしまった結果、詩にもならない連想ゲームになってしまいました

次は別の工夫をしてみます
ありがとうございました

点数: 1

ありんこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ボート借りパンとコーラとアオイソメ

回答数 : 3

投稿日時:

貸ボートコンビニ弁当アオイソメ

回答数 : 1

投稿日時:

くちなしの花香り来て振り返る

回答数 : 4

投稿日時:

夕凪に線香の煙まっすぐに

回答数 : 3

投稿日時:

モヒートのグラスが濡れて夏の波

回答数 : 2

投稿日時:

ありんこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

山の絵のステンドグラスや大西日

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

入学やリタカニスカは揺るがない

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

夏の空異人集まる鳥居前

作者名 かぎろい 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ