俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さま こんにちは
本日の作句に皆さまので批評をよろしくお願いいたします。
作句の材料は、
鳥が鳴き木漏れ日が増す夏の色
に添えてありますのでよろしくお願いいたします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり」の批評

回答者 ありんこ

句の評価:
★★★★★

三男様
添削、お気遣いありがとうございます。
「心の働きを表す動詞」という分類があるのですね。これも勉強です。
ただ、このような暗黙のルールが果てしなくありそうで、やや途方に暮れている感があります。
道標のない砂漠を恐る恐る歩き始めてみたら、「そこは地雷だよ」と言われたような気持ちとなっており、書籍をご紹介頂けたのはとても助かります。
ただ、読もうと思っている書籍が少しばかり溜まっており、食傷気味であることも否めません。
ゆっくり歩きながら、少しずつ修整して行くのがいいのでしょうが、腰が引けつつあります。
なにか途轍もない扉を開けてしまったような思いです。。。

点数: 1

添削のお礼として、ありんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

三男さま
お久しぶりです。雲を凌ぐ強い日差しの夏の朝、、、という句意でしょうか。夏の雲を表現する季語で「雲の峰」という季語があります。良い出来ではありませんが参考句を捻りました。「峰雲へ刺さる朝日の眩しさや」、、、、敢えて「射す」ではなく「刺す」としました。参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴れ間おなご導くデジタル化

作者名 こま爺 回答数 : 5

投稿日時:

貞淑を演ずる妻や山躑躅

作者名 腹井壮 回答数 : 13

投稿日時:

夏休み豚もおだてりゃ木に登る

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の朝雲をも凌ぐ陽射しなり』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ