俳句添削道場(投句と批評)

三男さんの添削投稿の古い順の2ページ目

「神鶏の長鳴きしたり梅雨晴れ間」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 神鶏の長鳴きしたり梅雨晴れ間

久保田しげき様
こんばんは
三男と申します、今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。
早速ご感想をお寄せいただき、ありがとうございます。新一年生として許される時間のうちは、俳句の表現方法等を多くの皆さまからご指摘いただけるのでとても幸せです。
久保田様ご指摘の擬人法をはじめ、破調と句跨りなど今の私にとって課題が山積していますので、一つづつ確かなものにして行くように励んで参りたいと存じます。
この先も失態が目に止まる投句を披露してしまうかも知れませんが、ご指摘いただいた事は吸収するように務めて参りますので、ご理解賜りますようお願い申しあげます。
皆さまから俳句と評される俳句を詠めるようになるまで、どの位の時間を費やすのか皆目見当がつきません。
私は自身の作品の詠み方や技術以上に、俳句に親しんでいただける中国の方たちが一人でも多くなるように心に掛けていますので、その実現のためにも皆さまのお力添えは心強く感じています。
ご指摘いただきましたこと、改めてお礼を申しあげます。ありがとうございました。

点数: 1

「ジグザグに吾をよけゆく夏の蝶」の批評

回答者 三男

添削した俳句: ジグザグに吾をよけゆく夏の蝶

いなだはまち様
こんにちは、お世話になっております。
この度も未熟な私の作品に批評をお寄せいただき、ありがとうございました。
ご指摘のありました読む方に共感を得るものでなければ、本当にただの独りよがりですね。
漠然とした表現は改めるよう念頭に置きます。
また、認知度の高い地名などその活用も理解いたしました。
ありがとうございます。
ところでいなだ様が詠まれた「蝶」ですが、実は我が住まいの庭先で同じ舞が毎日営まれていて、全くその通りの句に目が釘付けとなりました。
ぶつかりそうになる直前で避ける蝶。
俳句のお手本に接してとても光栄です。

点数: 2

「少納言のをかし教ふる無月かな」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 少納言のをかし教ふる無月かな

いなだはまち様
こんにちは、丁寧でとても分かりやすい評価を引き続き頂戴いたし、たいへんありがとうございます。
俳句添削道場が今では学び舎となり、修養の機会として恵まれていることに言葉では言い表せない喜があり、これも関係者の皆さま、いなだ様のおかげです。改めて感謝申しあげます。
ご挨拶が遅れがちになり恐縮いたしますが、ネットのアクセスポイントが日本と異にしているため、画面操作が国内の皆さま方と同じようにならず歯がゆいのですが、遅れを取らないようにしたいと思っています。
作品につきましては、これまでの惰性が季語の確認を怠らせ行き届いていませんでした。季重にならないよう今後は点検をしっかりして参ります。
また いなだ様からご添削いただいた句を教材として、何をどうしたらよいか考えてみたいと思います。
お礼のご挨拶を書かせていただいたいなだ様の佳句につきまして、俳句の極意を求め辞書を頼り理解を深めさせていただきました。
この場を借りまし御礼申しあげます。本日もありがとうございました。

点数: 1

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 揺り篭を揺する昭和の扇風機

そうり様
おはようございます。
スタートラインに立ったばかりの私にご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
御礼のご挨拶が日にちを跨いでしまい、大変恐縮いたします。
日本と海外とではインターネット接続方法が異なり、スマホの画面操作が皆さまと同じ環境で行えないので、ご挨拶が遅れたり、いいねポイントを誤作動させたりしていて申し訳なく存じます。
今後中国から投句させていただく人が一人二人と増えた場合も事情は同じとなり、ご心配とご迷惑をお掛けすると存じますが、どうかご理解賜りますようお願い申しあげます。
そうり様からご指摘いただいた点はごもっともと受け止めています。今の私は俳句の日本語のまとめ方に多々穴があって、この穴をどのようにして埋めて行くかが課題となっています。
試行錯誤を繰り返し気をつけたいと存じますが、お気づきの機会をご提供いただきありがとうございました。
私も昭和世代なので、そうり様の作品を拝見して昭和の香りが漂ってきました。郷愁に導かれて心地よいものですね。
最後に改めて御礼を申しあげます。

点数: 3

「汲まれても湧くのを止めぬ泉かな」の批評

回答者 三男

添削した俳句: 汲まれても湧くのを止めぬ泉かな

豆柴様
はじめまして
ご意見をお寄せいただきありがとうございます。
一歩づつですが、作品向上に資する機会になればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
豆柴様の「汲まれても湧くのを止めぬ泉かな」は、こちら中国でも話題になりました。私の脳裏にも、晴れ晴れとした快い光景が思い浮かびましたね。
作品は、詠まれる方それぞれのご努力で深化を遂げて行くものかも知れません。
今回のことをきっかけとして、気がついた点があれば切磋琢磨して参りましょう。
また、私は上海に滞在していますが、中国の方の作品で一声いただけそうな句が目にとまりましたら、ご支援をいただけるとても励みになりますのでよろしくお願いいたします。
この度は丁寧なご意見を頂戴いたしありがとうございました。

点数: 2

三男さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

萱草の不意に咲く花美しき

回答数 : 3

投稿日時:

群雲の煙に隠れし登山道

回答数 : 7

投稿日時:

雨夜の月団欒然れど変わりなき

回答数 : 3

投稿日時:

名月やともしび部屋の窓飾る

回答数 : 2

投稿日時:

飼い犬か遠吠え響く夜の秋

回答数 : 3

投稿日時:

三男さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

逆上がり遂げたる頬に夕焼けかな

作者名 ささゆみ 回答数 : 5

投稿日時:

一ニ三四五飛び込む腕は夏の海

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

冬の夜にぽっとり落ちる火球かな

作者名 コウ 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ