俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

千年といふ名の犬や曼珠沙華

作者 森田拓也  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんばんは。
読んで下さって、どうもありがとうございます。

永遠に生きるようにと願われて名付けられた「千年」という犬が亡くなった、
というのが句意です。
犬塚堯さんの詩に「千年」という名の犬が出てきまして、
この句のインスピレーションにさせていただいたのですが、
成功しているかどうかは分からないです。
季語の取り合わせは楽しくも難しいと思いました。
よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「千年といふ名の犬や曼珠沙華」の批評

回答者 腹井壮

森田拓也さん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
大変参考になります。

俳句を始めてから一ヶ月も経たないうちに随分上達されたと思います。ちゃんと一句としてまとまっていると思います。
しかし、専門俳人を目指すならもう1歩踏み込んだ思考を期待します。ワタクシはこの句の本歌取りの基になった詩は存じませんが犬が死んだのなら生きた時間もあるはずですよね。確かに死んだのなら曼珠沙華を取り合わせれば距離感は合います。でもそういう発想はやや安直な気がします。
自分ならやはり犬が生きた時間をイメージして季語を取り合わせます。
しかしながらそんな事よりもまず今の時期や季節を詠む事を心掛けるべきではないのでしょうか。
夏に冬の句も詠めますが冬に冬の句を詠めるのは今しかないのです。このタイミングを逃したら一年待たなければなりません。もし、正岡子規のような生活をしているのでなければ外に出る時に歳時記を必ず持ってその季節を五感で確かめてください。そして感じた事をメモしてください。森田拓也さんにとって冬の色はどんなイメージですか。匂いは。音は。味は。肌触りは。ぱっと言えるようでなければ専門俳人の仲間入りは難しいですよ。
コンペを常に意識して作句をしている自分もちゃんと季節を意識して詠んでいます。
添削依頼に季節外れの句を投稿するのはあくまで他人の評価を参考にしてコンペに生かしたいと考えているからです。

曼珠沙華で一句

なんとなく嫌はれてをり曼珠沙華

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋しぐれ背より濡れし鎮魂碑

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夏の朝短くなりし橋の陰

作者名 博充 回答数 : 2

投稿日時:

食卓に豆苗育つ台風裡

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『千年といふ名の犬や曼珠沙華』 作者: 森田拓也
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ