俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

揺り篭を揺する昭和の扇風機

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

そうり様
おはようございます。
スタートラインに立ったばかりの私にご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。
御礼のご挨拶が日にちを跨いでしまい、大変恐縮いたします。
日本と海外とではインターネット接続方法が異なり、スマホの画面操作が皆さまと同じ環境で行えないので、ご挨拶が遅れたり、いいねポイントを誤作動させたりしていて申し訳なく存じます。
今後中国から投句させていただく人が一人二人と増えた場合も事情は同じとなり、ご心配とご迷惑をお掛けすると存じますが、どうかご理解賜りますようお願い申しあげます。
そうり様からご指摘いただいた点はごもっともと受け止めています。今の私は俳句の日本語のまとめ方に多々穴があって、この穴をどのようにして埋めて行くかが課題となっています。
試行錯誤を繰り返し気をつけたいと存じますが、お気づきの機会をご提供いただきありがとうございました。
私も昭和世代なので、そうり様の作品を拝見して昭和の香りが漂ってきました。郷愁に導かれて心地よいものですね。
最後に改めて御礼を申しあげます。

点数: 3

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 胡 秋興

句の評価:
★★★★★

こんにちは
ご指導ご添削していただき有難うございました。
この句を投稿してから気がついて、「字余り」感じ、「梅雨の雷叩く和太鼓鳴り響き」と直しようとしたんですが、やめました。
今、そうり様のご添削の句を拝見して、素晴らしいと思うのです!どうもありがとうございます。また頑張ります。

点数: 2

添削のお礼として、胡 秋興さんの俳句の感想を書いてください >>

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

そうり様
お世話様です。

読者を試すという試みでしょうか。笑
一読、突っ込み所満載の句。
そして、突っ込みに対し、用意周到な返し
を準備している。
のではないか、が感想です。笑2乗

「昭和の扇風機」読者は、どんな扇風機を映像化するのでしょうか?

昭和の扇風機は、ゆりかごを揺らすほどのパワーがあったのか??

すみません。今日は休みで、やりながらの
コメントです。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

「やり」ついでに、添削を依頼(投句)しながら、無反応な方意外と多いですね。
せめて、「いいね!(既読)」をポチってもらえるとやり甲斐があります。

以前申し上げまましたが、段位とかは糞ですのでどうでも良いのですが、なぜポチれないのかが摩訶不思議です。

コメントや添削が気に入らないのでしたら、はっきり(暗に)その旨コメントを寄越せば良いだけです。
リアルのようでリアルではありませんので、私が家に押しかける訳でもありませんので。笑

私の、感覚がおかしいのでしょうか?
私の、本道場の捉え方がおかしいのでしょうか?
お考えをお聞かせいただけますか?🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 北あかり

句の評価:
★★★★★

そうりさん
こんばんは、北あかりです。
映像、新緑だけでは足りないですね。
新緑を見て、心が老いて、痩せ衰えていくのかを
感じているのかを想像‥は、確かにできないですね、この句では‥。
また勉強します!

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「揺り篭を揺する昭和の扇風機」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
お世話様です。

まず、御句を私なりにしっかり読んでみたいと思います。
子どもが生まれ里帰りした実家でのヒトコマを切り取った、祖父の感慨を込めた句かと存じます。
時は令和、孫の誕生は、老いてゆく自身が去ってゆくことを意味する。
その象徴としての、「昭和の扇風機」。
これは、作者自身のこと。
一瞬を切り取りながら、時の流れを感じさせる佳句かと存じます。

中七、揺するは、別の3音を見つけたいですね。
揺り篭も、ゆりかごとしますと、句に柔らか味(ゆっくり感)が出ます。

さて、私がこの場所を見つけた時は、腹胃壮さま、ハオニー様、塩豆さまなど、多士済々で、よく稽古をつけていただきました。。

皆様別の世界へ旅立たれ、ご活躍されていることと存じます。ご存命と存じます。
草葉の陰からサイトを覗いておられるかも知れません。笑

その他、ここにいらした方で、俳句ポストなどで大活躍されている方を名前だけですが、数名存じ上げております。
なかなかそのレベルまで追いつけませんが、励みにはなりますね。

先日、貴殿の句「ごみ鯰」にコメントを寄せられた、すがりとおる様も、かなりの実力者です。
色々な方に稽古をつけていただく方が良いかと存じます。

参考になれば幸いです。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜の雪老いはひたひた一歩づつ

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 10

投稿日時:

蒲公英や吐く息白く摩る指

作者名 佐渡 回答数 : 1

投稿日時:

願ひ事落花へ託し届け君

作者名 ふり 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『揺り篭を揺する昭和の扇風機』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ