俳句添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧最新の投稿順の5ページ目

「けふからが再スタートぞ山笑ふ」の批評

回答者 もんな

添削した俳句: けふからが再スタートぞ山笑ふ

おかえさきさま

おかえりなさ~い!
お疲れ様でした。

さ、これからですね!

陽気も良くなっていきます、ぼちぼち行きましょう!!(^^)

これからも宜しくお願い致します(^^)

点数: 1

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: いつからか使わぬシャベル春の土

竜子さん、こんにちは。
再訪です。

拙句「終電」へのコメントを再読していて気がつきました。
「余寒を見送る」をご評価いただきましたが、「私が終電と余寒の両方を見送った」わけではないのです。
「余寒と私が一緒になって、終電を見送った」のです。終電に乗り遅れて、その途端にそれまでのヌクヌクした気持ちが消えて余寒が襲ってきた、みたいなイメージです。
しかし、そうは読めませんね。自選ボツにして良かった(笑)!

自己満足に陥りそうなところを救ってくださり、有難うございました。
これからもよろしくお願いします。

点数: 1

「終電を余寒と共に見送れり」の批評

回答者 あらちゃん

添削した俳句: 終電を余寒と共に見送れり

なおじい様こんにちは。
拙句『若布漁』にコメント頂きありがとうございます。
ご提案句良いですね!
大変参考になりました。
投句する前に推敲を重ねる必要がありますね。
というのも、私はすぐに投句する癖がありますので(笑)
ストックしてある句を適当に選んでいます。
いつも貴重なご意見ご感想ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 1

「若布漁浜褐色に染まりけり」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 若布漁浜褐色に染まりけり

あらちゃんさん、こんにちは。
拙句「終電」にコメントおよびご提案句有難うございました。
私は終電を逃した時に、見送ったというのですが、確かに、誰かを終電に乗せて見送ったみたいですね!(それでもいいか!でも自分はどうやって帰る?(笑))
「逃す」、参考にさせていただきます!

さて御句拝読しました。これはいい!と思い、このままいただきますとコメントしようとして竜子さんのコメント見てしまいました。やられた。種明かしは最後に、これですね。

真似して提案句、置かせていただきます。

・浜一面褐色に染め若布漁

点数: 2

「いつからか使わぬシャベル春の土」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: いつからか使わぬシャベル春の土

竜子さん、こんにちは。
拙句「終電」にコメント有難うございました。「終電の背中」、いいですね!使わせていただきます!

御句拝読しました。初読では、「このところ全然土いじりをしなかった。シャベルを引っ張り出してみたら土が付いたまま。これってもしかして、去年の春の土?ということは一年間、何もしていなかったのか?」とか、そんな情景を思い浮かべました。

全然違っていましたね(笑)。失礼しました。

「いつからか使わぬ」、これは今朝気がついたのであって、ずっと気になっていたのではないと思いますので、今朝の状況をお詠みになればいいと思いました。

ご自身のコメントを参考にして、

・あぜ道に刺さりしシャベル春の朝

点数: 1

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ