小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

学園Dランクの落ちこぼれの俺が、学園Sランクのご令嬢様の執事になった件について (前タイトル:財閥のご令嬢の専属執事なんだが、その家系が異能者軍団な件について) (No: 1)

スレ主 投稿日時:

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n6497eq/

──学園都市・タレントゥム。そこは『武警』と呼ばれる人間を育成しながらも、秘密裏に『異能者』を育成している教育機関である。
そこに通学する仙藤志津二は、とある異能を持ちつつも“平凡”を求める普通の高校二年生。

しかし始業式の日に遅刻したのが原因で、学園最近の異能者と謳われる鷹宮彩乃に出会ってしまう。
そこからだった。志津二の平凡な生活が遠ざかっていったのは。

「あなた、私の執事になりなさいっ!」
「如何してこうなるんだよ……」

執事になるだけでは飽き足らず、彼は異能者組織とのゴタゴタにも巻き込まれることとなっていく──。

Sランクの最強異能者・彩乃と、Dランクの(落ちこぼれ)・志津二の凸凹コンビが紡ぐ、異能バトルアクション×執事×ラブコメディー!
―連載中―

プロローグ

──ピリリリリッ……ピリリリリッ……

けたたましい目覚まし時計のアラーム音で、目が覚める。
未だぼんやりとした意識の中、手探りでベッドの脇にあるキャビネットへスイッチを押そうと手を伸ばした。

真鍮の銃弾の冷たい感触が指先に伝い、幾つかがフローリングの床に落ちて金属音を上げる。それも厭わず、目覚まし時計のスイッチをカチッ、と押す。

ベッドから降り、落とした銃弾を拾い上げてから慣れた手つきで弾倉マガジンに込めた。ついでに予備弾倉である他の二本にも込めておく。

そしてマットブラックのベレッタM92Fに装填してから、一度銃を置いて朝食の準備のためにキッチンへと向かった。

「おはよ……」

誰もいないと分かっているのに、自然に声が出てしまう。またか、と思いつつも、無理に直そうとは思わなかった。

数十分で作れる、トーストとスクランブルエッグという簡易的な朝食を食べながら、いつもの様にテレビを付ける。
画面に映し出されたのは、何ら変わりないニュースの数々。人気アイドル復活、とか、都内某所で火災、とか一般的なモノだ。

当たり障りのない、極々普通の生活。俺が求めているのはコレなのに──

『東京湾に位置する学園都市・タレントゥムにて、武警による犯罪者の確保が、昨夜行われました。凶悪指名手配犯であったため、彼には──』

──俺の住むこの家と高校がある、学園都市。当たり障りのない生活を望んでいながらも、学園都市も、高校も、全て普通ではない。
……じゃあ何で居るのか、と自問自答しつつの朝食を終え、手早に家事を済ませる。実を言うと、そこは俺にも分からない。

そして、寝室に戻ってから校則で義務付けられている防刃・防弾制服と、銃剣類ベレッタとバタフライナイフ、名札を装着する。

──あーあ、普通じゃない。それもこれも、生まれ持った異能のせいか。

そう胸中で毒吐きながら、鞄に教材やらなんやらを詰め込み、ダラダラとテレビを見たりスマホを見たりしていたら──

「っと……ヤバいな」

ふと視線を向けた腕時計の文字盤を見て背筋が凍る。
あっという間に、登校時間の七時五十分は訪れてしまった。あまつさえ、ダラダラしていたせいで十分近くも過ぎてしまっている。
しかも、今日は始業式。こんな日に遅刻なんてしてたまるかっ……!

──恐らく、生涯俺は悔やむことになるだろう。始業式の日に遅刻したことを。

何故なら、非日常が訪れてしまったのだから。

『鷹宮彩乃』による、日常への侵略者が。

~to be continued.

この小説を批評する!

返信 (No: 2)

投稿者 冬空星屑 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

あらすじからすら『緋弾のアリア』が脳裏をちらつき、プロローグを読んで確信してしまった。
私は『緋弾のアリア』は非常に好きなので、印象は悪くないし、リスペクトだと思っていますが、
場合によっては、パクりだと思われてしまうかもしれません。
ベレッタとバタフライナイフ。せめて片方は変えた方がいいのでは?
まあ、東京湾の学園都市はわりと見ることがある設定なので問題ないとは思いますが。

もし、『緋弾のアリア』を知らない場合は、アニメ化もされているので、オススメです!

長所。良かった点

文章はとても読みやすいです!

良かった要素

ストーリー 設定

小説投稿先URL

https://ncode.syosetu.com/n6497eq/
(別タブが開きます) この小説を批評する!

他の批評依頼

▼おすすめ小説!

アンズとデイゴの花を君へ

投稿者 竹牟礼 基 返信数 : 1

投稿日時:

・不安点 テーマは「発達障害・人種差別に立ち向かう姿」です。 前編のみほぼ完成していますが、序章を放っぱらかして続きをかいち... 続きを読む >>

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n2843em/

ヴァルム・スローパー

投稿者 長巻 ヤモリ 返信数 : 2

投稿日時:

タイトルのヴァルムには、暖かいという意味と、作中の過去、存在していた蛇竜を示す意味があり、 スローパーは作中の言語で人を意味する為... 続きを読む >>

灼眼の魔女伯爵~辺境に飛ばされた14歳、たまに【内政チート】とケモみみ使い魔を使って、ワンマン領地改革!

投稿者 ピロシ 返信数 : 3

投稿日時:

 偉大な魔法使いであるガリア皇帝が崩御した。しかし、崩御する直前、彼は人体召喚の儀式で間違って召喚してしまった魔女『マキ』に、皇... 続きを読む >>

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n4114er/

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:学園Dランクの落ちこぼれの俺が、学園Sランクのご令嬢様の執事になった件について (前タイトル:財閥のご令嬢の専属執事なんだが、その家系が異能者軍団な件について) 投稿者: 彩

──学園都市・タレントゥム。そこは『武警』と呼ばれる人間を育成しながらも、秘密裏に『異能者』を育成している教育機関である。
そこに通学する仙藤志津二は、とある異能を持ちつつも“平凡”を求める普通の高校二年生。

しかし始業式の日に遅刻したのが原因で、学園最近の異能者と謳われる鷹宮彩乃に出会ってしまう。
そこからだった。志津二の平凡な生活が遠ざかっていったのは。

「あなた、私の執事になりなさいっ!」
「如何してこうなるんだよ……」

執事になるだけでは飽き足らず、彼は異能者組織とのゴタゴタにも巻き込まれることとなっていく──。

Sランクの最強異能者・彩乃と、Dランクの(落ちこぼれ)・志津二の凸凹コンビが紡ぐ、異能バトルアクション×執事×ラブコメディー!
―連載中―

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ