小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

▼おすすめ小説!

凍った瞳 (No: 1)

スレ主 silica 投稿日時:

プロット相談掲示板の方に先に相談させて頂いた作品です。
投稿用あらすじ
『魔術師として、世界におきる問題を解決しながら、中学生活を送る少女、雲母凍華。彼女は、問題解決のため、調査をしている途中で、一人の、名前の無い少年と出会った。その出会いから、凍華の日常は色彩が豊かになっていた――』
あらすじの方もどうにも上手い言い回しが思い付かないので、アドバイスが欲しいです。設定が気になるという人は、お手数ではありますが、小説のプロット相談掲示板で同名タイトルにて相談していますので、そちらの方のご確認をお願いします

プロローグ

#1
これから綴るは私の話。哀れな私の話。無知で、ポンコツな私の話。

#2
「凍華、火漣を探してくるから留守番宜しく」
「了解です、夜月姉さま」
我らが姉上、雲母夜月がまた帰ってこない火漣を迎えに行きます。今月はこれで3回目の誘拐なのですが……いい加減人為らざるものの皆様、学んでくれませんかね……。
とはいえ、現在時刻は夜7時ですので、勝手に晩御飯を食べてしまいましょう。夢幻姉様は……夜月姉様の影のまま、付いて行ったようですね。ということは私一人ですか。
「凍華、飯」
ああ……夢幻姉様だけ勝手に帰ってきましたね。
「とりあえずそこの玉葱を取ってくださいね。働かぬ者に飯は有りません」
「はいはい、私はこっちで肉を炒めることにするよ」

#3
御飯を食べて、お風呂に入ってから、勉強します。年齢詐欺な宵咲暁と違って、私はまだホントに14なので、真面目に勉強しなければ、授業に遅れてしまいます。
時刻が10時を回っても夜月姉さまが帰って来ていないということは、まだ暫くかかるでしょうし、寝てしまいましょうか。
夢幻姉さまは静かに本を読んでいますね。不寝番は任せておきましょう、どうせ昼は寝ていますし。
「夢幻姉さま、夜間は任せます」
「あいよー。任せとき」

#4
朝は4時に起床。朝餉を作らねばなりません。煮物を使って楽をしても良いのですが、料理は普段からしなければ出来無くなってしまいます。
本日の時程には体育は無いので、服装に関しては考える必要もありません。

「ただいま」
「お姉ちゃん、ただいま!」
火漣が夜月姉様に連れられて、帰ってきましたね。
「朝御飯の用意は済んでますので、どうぞ。火漣は……」
「休みの連絡を入れてくれるか? 神様に酒飲まされて、その分で今起きてるから。本来ならもうお眠なのよ」
全く……まだ11の子供に酒を飲ませるのはやめて頂きたいのですが……彼ら基準では普通なので説得にしにくいのですのよね。

#5
火漣の小学校に電話を入れてから、学校へと向います。今日は迷える魂も無く、普通の空間なようなので、多分学校には間に合うでしょう。
でなければ携帯電話で連絡を入れなければなりませんから。

……そう思っていた日が私にもありました。今日も楽には学校に行けなさそうです。なんで、爆発音が聞こえるのでしょうね?

すごく不思議でたまりませんが、そんなことも言ってられません。それがこっち側のことなら対応しなければなりませんし、そうでないなら……まあそうであってもですが、姉様に報告しなければなりません。 なので爆発音が鳴ってしまった時点で私の負けです、行かなければなりませんから。
まあ、睡眠時間は確保できていますし、勉学にも自由時間にも支障は殆どありませんが。
「楽しい学園生活に問題がでる、でしょ?」
後ろから音もなく近寄ってくるのは面倒くさい人です。

「なんで居るんですか? 宵咲さん」
この人は宵咲暁。世界最強の人……人? 人型の何かです。最強というよりは無敵、でも不足して、そもそも戦闘足りえなくなる存在というべきものです。
「なんでってそりゃあ。一応世界の守護者だしね?」
事実ではあるでしょうが8割は嘘と言いたいです。この人の性格は愉快犯に偏っていますから。

#6
爆発音のところに辿り着くと、そこには一人の小……女? が居ました。襤褸だけを纏い、ぼさぼさで伸びるに任された髪と、手に持った火炎瓶が印象的でした。
「残念ながら凍華、あの子は男よ」
少年なのらしいですが、それは本筋ではありません。一番特徴的なのは、その、貼り付けたような敵意害意と、その奥のこっちが消えてしまいそうな程の空虚です。

「……」
彼は何事も喋りません。ただ猫のように威嚇するばかりです。
「あなたは……何と戦っていたのですか?」
すこしだけ、ほんの少しだけ警戒を緩めたようですが、逆に交戦意思は強まってしまったように見えます。
「化け物と戦っていたのですか?」
「………………なんだって良いだろ。じゃ、そういうことで」
話すつもりは無いらしく、さっさと逃げようとしていました。ですが、そういう訳にもいきません。
「もし、それが化け物だったなら、私達がそれと戦う必要があります。なので、せめてイエスかノーかだけ答えてください」

#7
彼は結局はっきり答えることの無いまま、去っていきました。ただ、気になるのは、彼が、イエスかノーをきかれた時、何を言われているのか分からない、という顔をしていたのが気になります。まるで、その言葉自体を知らないかのような。

「……ほんとに。遅刻常習犯と言うのは避けたいのですが」
「そう思うなら、しなければ良いんじゃないのかい?」
先生はそう言いますが、できたら苦労はしていません。できないからこそ、ぼやくのです。もしも、そう容易に出来るんだとしたら、既にやっていますから。
「まあ、授業態度は良いとは言いがたいが真面目ではあるし、提出物も真っ当に出てるから、お前さんの遅刻数は実態よりは少なく取ってる先生が多いから安心して良いよ」

それは有り難い話です。夜月姉様には、外聞的な意味で、高校大学には通えと言われていますし、受験する手段は多いに越した事はありません。実際、大学は出ているだけで、ある種の力を持ちますから。
それはさておき、勉学です。これが宵咲暁なら、とくに何をする必要もありませんが、私の場合は凡人なので、まるっきりフケてしまった1コマ目の授業の内容は聞いておかないといけません。
「雲母さん、これ1時間目の国語で配られたプリント」

#8
そのあとは、何事もなく、学校が終わります。ありがたい限りです。このまま何事も無く済んでくれるのが良いのですが、記録と引き合わせてみても、最近は異常事態の発生回数がずば抜けて多いので、おそらく駄目でしょう。
「はろはろ、そっちはどうだい? 凍華」
「まだ大事には巻き込まれていませんよ、八重」

今話しかけてきたのは、剱岳八重。私の……魔術師的な意味での同期にあたります。タイマン勝負では私の方が分が有りますが、基本的に射程距離と固有魔術結界の相性の問題です。彼女は、基本的な間合が剣の範囲なので3m程ですが、その範囲だと私は確実に凍らせられますし、彼女の固有魔術結界である侵食も、状態を凍結させる私の魔術結界とは相性が悪いです。
とはいえ、それを抜きにすれば五分五分ぐらいです。また、私とタメなので、時々勉強会も行なっています。

「とはいえ、最近このあたりでは化け物の目撃件数が大幅に増えています」
「ほーん。門は見つからないの?」
「どうにも駄目ですね。怪しそうな場所に向かうと、門は無くて無関係の人が居るだけですから」
八重と相談をしながら勉強を進めていきます。何時何が起こるか分かったものじゃないので、先周りして勉強していきます。ホントは学生を酷使しない方向なのですが、私はよく行きあたってしまうのと、私なり八重なりが出るとさっくり終わってしまう所為でつい便利つかいしてしまうのの二重ですね。

この小説を批評する!

凍った瞳の返信 (No: 2)

投稿者 カイト : 0 No: 1の返信

投稿日時:

silicaさん
こんにちは。先日は拙作へのコメントありがとうございました。
貴作を読ませていただきました。思うところあったので、僭越ながらコメントさせていただきます。

まず、あらすじについてです。
あらすじとは結末まで書くものですので、提示されているこれは煽り文、という感じでしょうか。
「中学生魔術師の凍華が名前のない少年と出会い、〇〇が△△して◆◆となり、最後には□□となった」
ということですね。また、「凍華の日常は色彩が豊かになっていった」とは具体的にどういうことなのか、端的に記す必要もあると思います。
とはいえ、自分もあらすじを上手に書くのは苦手です。ここは練習あるのみですね。

プロローグ本文についてです。
これは、ひとまとまりのプロローグというよりは、冒頭の抜粋のように思えました。それならそれで構わないと思いますが、「プロローグ」と銘打つなら、中途半端なところで終わっているように思います。
プロローグは、「これから物語が始まるぞ!」というワクワク感を高める効果が期待されるものですので、中途半端はもったいないかな。

内容について、正直詳しいプロットのような印象を受けました。今のままでは、したことの羅列になってしまっている感じなので、情景描写も心理描写も、もっと大胆に書き込んだ方がいいと思います。
また、凍華の一人称で進むこともあって、日記のような印象も受けます。日記って基本的に自分だけが読むものなので、当たり前のことをいちいち説明しないですよね? そんな感じで、凍華の語りだけでは、彼女がどんな状況に置かれているのか、物語の設定や世界観というものが読み取りにくいです。
設定がわからなければプロット相談を、と書いてくださっていますが、自分はあえて読んでいません。読者は本来、そういう補足説明や裏情報を知らずに物語と向き合うからです。物語の設定は、物語の中で上手に説明する必要があると思います。

以上です。
色々書いてしまいましたが、あくまで個人の一意見ですので、あまりお気になさらず。
執筆頑張ってくださいね。

長所。良かった点

語り口から、凍華の可愛らしさが伝わってきました。好感の持てる主人公だと思います。

良かった要素

キャラクター

凍った瞳の返信 (No: 3)

投稿者 大野知人 : 0 No: 1の返信

投稿日時:

 ええっと、面白そうだなとは思うんだけど、ハッキリ言えば、「文章が断片的すぎて訳がわからない」って感じかな。
 
 冒頭から登場キャラが多くて、誰が誰で、どういう関係性を築いているのかイマイチわからないまま展開が進んでしまっているし、世界観の説明も言葉足らずというか、かなり不鮮明で、読みにくく感じます。

 総じてのプロットとしては出来が良いと思うのですが、キャラへの説明不足と世界観の演出不足の双方から、「焦りすぎ」という印象を受けました。

 非常に感覚的な表現ですが、そうですね。「文章の量を今の三倍くらいにして、同じ内容をもっと鮮明に細かく描いてほしい」です。

長所。良かった点

現状、モノが細かく見えてこないのですが、恐らくキャラの作り込みはなかなか良くできていると感じました。

良かった要素

ストーリー

凍った瞳の返信 (No: 4)

スレ主 silica : 0 No: 1の返信

投稿日時:

カイト様、大野様、コメントありがとございます。

 まず、これだとまだプロットに見えるのですね、自分では割と書き足したつもりでしたが……。ただ、凍華の心理描写もこのあたりではあまり出来る部分が多くはないのですよね、良くも悪くも日常なので。そういう意味では、日記という形容は的を射ています。ただ、たしかに少なすぎると自分でも思いましたので、もっと足していきたいと思います。

 それから、設定及び人物の説明に関してはこれ(プロローグ扱いか1話扱いか悩み中)ではほぼ出すつもりがないので、そこに関してはまあ、仕方がない部分があります。何と言いましょうか、このあたりで読者に知って欲しいことは、主人公の凍華が中学生かつ魔術師であること、魔術師がいる世界線であること、姉が二人、妹が一人いること、友人がいることくらいなんですよね……。分からないところをわからないまま無視して読んで貰おうというのは駄目でしょうか?

 後、いっそ話を分割して、主人公が雲母凍華という中学生であること、魔術師などがいる(バトル物現代ファンタジー系の)世界線であること、凍華が魔術師であること、剱岳八重という友人が居ることに情報を絞ったプロローグを作り、1話で姉妹のことに触れつつ日常を描くというプランを考えたのですが、どう思いますか?

 あらすじに関しては……もっと色々考えてみます

凍った瞳の返信の返信 (No: 5)

投稿者 大野知人 : 0 No: 4の返信

投稿日時:

 うーん、個人的にはその案の方が良いかなぁ。
 新キャラ込みの会話シーンって、『名前があるけどほぼモブ』みたいな奴を除いて、いっぺんに複数の新キャラが出てくると読者が混乱するし、ある程度の尺使って会話・やり取りさせて『キャラクターの第一印象』を読者がイメージできた方が、作品展開として理解しやすいと思います。

 個人的なプロローグのプロットを書くのなら……。

・冒頭1~5ページ。凍華の簡単なキャラ説明(中学生・魔術師)の紹介を書き、凍華の簡単な人外との戦闘シーンをごく短く挟んだのち、戦闘していた場所(裏路地かどっか)から出てくる。
・冒頭5~10ページ。路地裏から出てきた凍華は学校帰り/登校中の八重と出会う。八重と簡単なやり取りをしつつ、家に帰宅/学校に登校して、それぞれの場所での生活の様子を大雑把に描く。

 感じかなぁ。八重が重要なのか、姉妹が重要なのかにもよるけど、所謂『幼馴染ヒロイン』(物語開始時点で主人公と親しく、かつ登場回数が多い)ポジションに該当するキャラをプロローグで出してしまった方が良いんじゃないのかなぁ。

 ただ、前述の通り圧倒的に文章量が足りません。
 説明不足×発言数不足×描写不足で、まるで何も伝わってこないのが現状です。っていうか、この返信自体プロット版読みながらなんとか書いてる感じです。
 できれば、他のラノベをしっかり読み込んで、何かの作品を参考にしつつ書くことをオススメします。

凍った瞳の返信の返信 (No: 6)

投稿者 カイト : 0 No: 4の返信

投稿日時:

silicaさん
こんにちは。またまたお邪魔します。プロット相談の方も読ませていただきました。

返信をいただいてまず思ったのが、
〉凍華の心理描写もこのあたりではあまりできる部分が多くはないのですよね。良くも悪くも日常なので。
そんなことはない、と思います。
「日常だから書くことがない」とは作者だから言えることで、ぜんぜん知らない読者からすれば、その当たり前の日常がわからないわけですから。
凍華は何が好きで嫌いなのか、どんなことに心を動かされるのか。家族構成や友人関係と同じくらい気になるところです。くどくど書く必要はありませんが、主人公たる凍華を象徴するような印象的な描写が欲しいところです。

プロローグで知ってもらいたいことを明確にすることは大切ですね。「わからないところを無視してわからないまま読んでもらう」ことは、悪くはないと思います。プロットを見た限り、細かく練られた世界観だと思うので、それをプロローグだけで説明するのは不可能でしょうし。
ただ、今回のプロローグではsilicaさんが伝えたいことも十分伝わっていない気がします。
・凍華が中学生魔術師であること
彼女が明言しているのでそれと知れますが、具体的に魔術師らしいこと(人外とのバトル)を全然していないので、いまいち実感が湧きません。また、魔術師とはなんたるかが一行でも書かれていると(「人類に仇なすオカルティックな存在と戦う特殊技能集団」とか)、よりわかりやすいと思います。
・姉が二人、妹が一人いること
姉二人は分かりましたが、妹って「火漣」がそうなんですよね。すみません、弟だと思っていました。
作者が思っているように、伝えたいことは読者に伝わっていないものです。過剰説明との境は難しいですが、そのこと意識して書いた方がいいかな。

話を分割するのは、そっちの方がいいかと思います。登場人物とシーンを減らして、その分凍華と八重と(明かせるところまでの)世界観の紹介に尺を割いてみてください。

長々と書いてしまいすみません。自分に合う意見かどうか、取捨選択してくださいね。

凍った瞳の返信 (No: 7)

スレ主 silica : 0 No: 1の返信

投稿日時:

カイトさん、返信ありがとうございます。

凍華を印象づける描写はたしかに必要ですね。この時点だと好きなものは妹と姉、時点で八重、嫌いなものは彼女ら、特に妹の火漣を傷つけられたりすること、なので、改稿される予定ではありますが、その辺を中心に加筆していきたいと思います。

で、魔術師とは何者か、を一行で触れるのは中々難しいんですよね……。敢えて説明するなら、超常現象ないしはオカルトと関わりがあり、ある程度干渉できる人々の総称、ということになるのですが、それは多分この場合相応しい説明ではないですね、分かりにくい表現なので。かと言って、「人類に仇なすオカルティックな存在と戦う特殊技能集団」というような表現ですと、この作品内では間違いではないのですけど、世界線全体として見た場合には明らかな間違いとなるのですよね……。「いわゆるオカルトに触れる人々」とかでも良いのかしら……。

火漣に関しては……たしかに性別触れてないですね。最初性別を決めずに作り始めていた名残でもありますが、それ以上に、音が「カレン」のつもりでしたので、カレンて音の男の子は居ないだろ、とか思ってた節が強かったですね、ちゃんと書かなければ。

頑張って描写というか説明というかを足しながら書き直して見たいと思います。

凍った瞳の返信の返信 (No: 8)

投稿者 カイト : 0 No: 7の返信

投稿日時:

silicaさん、こんにちは。たびたびすみません、一つだけ訂正を。

〉魔術師とは何者か、を一行で触れるのは中々難しい……
自分の伝え方が悪く勘違いされたようですが、「一行で説明する」のではなく、「一行くらいはなんたるかの説明が欲しい=端的に説明が欲しい」というつもりでコメントさせてもらいました。ですので、二行でも三行でもひと段落でもいいと思います。くどくどダラダラしていなければ。
というか、今してくれた説明を凍華に語らせてもいいと思いますよ。「一言で表すのは中々難しいんですけれど……」と。

ご参考までに。

この小説を批評する!

他の批評依頼

ひねくれ御曹司と京都弁後輩との穏やかな日常

投稿者 ソラナキ 返信数 : 1

投稿日時:

日本に名だたる大企業・「UZE(ユーズ)」を経営する家系の三男として生まれた瑀瀬花守(うぜはなもり)は、ずっと焦がれていた幼馴染に想... 続きを読む >>

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://www.alphapolis.co.jp/novel/311822907/202392272/episode/3121286

マンスリーセレブ

投稿者 エア 返信数 : 1

投稿日時:

以前、こちらでも投稿したのですが、別サイトで「題名にセンスが無い」「題名でネタバレしている」という意見を貰ったので、良い題名案につい... 続きを読む >>

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://slib.net/90123

▼おすすめ小説!

アンズとデイゴの花を君へ

投稿者 竹牟礼 基 返信数 : 1

投稿日時:

・不安点 テーマは「発達障害・人種差別に立ち向かう姿」です。 前編のみほぼ完成していますが、序章を放っぱらかして続きをかいち... 続きを読む >>

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n2843em/

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:凍った瞳 投稿者: silica

プロット相談掲示板の方に先に相談させて頂いた作品です。
投稿用あらすじ
『魔術師として、世界におきる問題を解決しながら、中学生活を送る少女、雲母凍華。彼女は、問題解決のため、調査をしている途中で、一人の、名前の無い少年と出会った。その出会いから、凍華の日常は色彩が豊かになっていた――』
あらすじの方もどうにも上手い言い回しが思い付かないので、アドバイスが欲しいです。設定が気になるという人は、お手数ではありますが、小説のプロット相談掲示板で同名タイトルにて相談していますので、そちらの方のご確認をお願いします

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ