小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

ぼくの愛しい桃泥棒

スレ主 ソラナキ 投稿日時:

恋愛小説の冒頭部分です。
どこかで見た「プロローグには主人公の成功の予感・挫折の感触などを入れろ」との指摘を受けて考えてみたものです。
途中の《》はルビです。

プロローグ

『まずひとつ記しておくが、ぼくは小説家ではない。
 昔取った杵柄で少しは書に通じているものの、今では錆びついて久しい。
 妻曰く大層達筆らしいが、彼女はぼくに関することでは基準が甘くなりがちである故、此度は信じないこととする。

(中略)

 ぴかぴかに磨かれた舞台の上。賞賛される作品。誇らしき入賞者。
 そこにぼくの姿はない。在るのはぼくの兄ひとり。他はきっと木偶人形。

 ペラペラと、ぼくを褒めたその口に、ぼくは価値を見出せない。
「我らは公平、誰であろうと傑作ならば取り立てよう」——それを言ったのは誰だったか。ああ、あそこの木偶だったか。
 所詮ぺらぺら、はためく和紙より低質な、生きる価値のない屑どもだ。

「君、まだいたのか。ほら、帰りなさい。お兄さんの邪魔になるよ」

 おそらくは善意と、わずかな嘲りからの忠告は、しかしぼくの目を向けさせる程度にしかならなかった。

「な、なんだその目は。怒ってるのか? いくらお兄さんが立派だからって、そんな目を向けちゃあダメだろう」

 そうだろう。兄は立派だろう。愚兄はほんとうに立派だろう!!
 ぼくが一々確認しながら、大切に大切に大切に書いたぼくの名前を——|額《・》|縁《・》|に《・》|隠《・》|し《・》|て《・》、ああして笑っていられるのだからッ!!

 人は、己の作品を魂だと云う。
 その通りだ。ぼくの魂はこれほどまでに叫んでいる!
 ——憎み殺せ、奪い殺せ、奪い返して殺し尽くせと。

 必要なのは筆と墨。描くのは何処でも構わない。何処であろうと殺してみせる。
 右の拳を握りしめてはたと気付く。|少《・》|々《・》|赤《・》|い《・》|が《・》|こ《・》|れ《・》|は《・》|墨《・》|だ《・》|と《・》。

 近くに壁に擦り寄って、歓喜に染まる憎悪とともに、手のひらから溢れる墨をたくさん掬って擦り付ける。
 不格好でも構わない。ヒトでなくとも構わない。殺せるのならそれでいい、化け物だろうが知ったことか。

「なっ、や、やめなさい! 殴られたいのか!」

 木偶と愚兄の血と肉と、それらが弾ける瞬間を! 
 夢見たそれを夢に留めず、現《うつつ》に夢を記し描く。ぼくの心に棲まう鬼蛇《おにへび》、出るなら今だ殺し尽くせ。
 腹を蹴られて転がって、転がりながらけらけら嗤う。

 ——上出来だ。

「題目《たいとる》、は——」

 眼前で産声をあげるもの。ぼくを蹴った男が逃げる。どうでもいいから逃がしてやって、あとでまとめて縊り殺そう。
 破綻した脳髄の裏、ぴりぴり弾ける快楽神経が焼き切れそうなくらいぼくは笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う。笑う笑う笑う笑う笑う笑う笑う笑う笑う笑え。

「血之絵《ちのえの》、縊鬼《いつき》」

 ——正倉院保管『中天応元黄聖四架瑞獣』付属伝記・『我が生涯の桃源郷』より抜粋

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

他の相談依頼

▼おすすめ小説!

不明

投稿者 飴井凛 返信数 : 0

投稿日時:

運動、勉強、イラスト、工作… ほぼほぼなんでも出来てしまう主人公「アキ」。アキは完璧に疲れて夏、自殺を図る。視界は暗転し、眠ってい... 続きを読む >>

▼おすすめ小説!

調律奏は幸せを唄いたい〜異世界で恋愛と復讐は両立できますか?〜

投稿者 篠宮ソラ 返信数 : 3

投稿日時:

初めまして、篠宮ソラと申します。今作のテーマとして「悪事を働いた者には報いを受ける」を重点に置いた主人公を幸せにする為にはどうすれば... 続きを読む >>

禁断合体 ソウウツガー!!

投稿者 つたぬき 返信数 : 0

投稿日時:

デート中に二人同時に呼び出し音、無視しようか思ったが彼女に説得され出動に応じる… 彼女にも用事があるのは、何となく分かっていた… ... 続きを読む >>

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ