小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』

すでに最強のヒキニート~ヒキニートは死んでも治りません!~

スレ主 冬空星屑 投稿日時:

〈大神〉に召喚された六人の人間。
それぞれに〈大神〉の加護ととても強い技能(ユニークスキルのような物)が与えられる。
さらに、戦闘力に直接関わらない、異世界での富や地位、名誉などの願いを二つまで叶えてもらえる。
行うのはサバイバル・ゲーム。
互いに互いを殺しあい、最後に残った最強の人間を神にするゲーム。
〈大神〉は言った。「さあ、生き残るための最善を尽くせ!」

主人公を除く五人の人間たちは自分の技能を確認したあと、それぞれの願いを二つ叶えてもらい、次々と異世界へ転移して行った。
最後に残った主人公の願いは、
『とっても強い王様の子どもに生まれ変わって』『自宅警備に徹したい』です。

主人公は『星王竜(とっても強い地竜の女王様)の息子(竜の卵)に転生』したが、何故かさらに転移してダンジョンにたどり着き、『自宅警備(ダンジョン防衛)をする』ことになる。

数多のダンジョンへの侵入者。
家に引きこもってグータラしたい主人公。
竜としての規格外の能力で、ダンジョンをガッチガチに固めて、引きこもり。
お昼寝して過ごす。

十数年後、稀にみる凶悪ダンジョンとして認知され始める。
その後、凶悪ダンジョンを倒すために『剣王』がやって来たり、『勇者』がやって来たり。
逆に、「仲間にならんか?」と魔王が勧誘に来たり!?

主人公は、やってくるのが、自分を殺しに来るゲーム参加者かもしれないので、片っ端から撃退していく!
「まだ永眠はしたくない!!」

 プロローグは、主人公が転生した時の状況をある人に説明している時の様子。

プロローグ

序章 大いなる神の遊戯

 ああ……。あれは確か。俺が前世で、家に引きこもっていた時だ。
 突然、天井から光の柱がゆっくりと降りてきた。
 何だろうな、と考えていたら、俺は天に召された。

 うん? 死んだのかって?
 ちょっと違うな。
 正確には、〈神界〉に召喚されたと言うべきか?
 まあ、〈大神〉に喚び出されたんだ。強制的にな。
 俺が周りを見渡すと、左右には人間が五人。そして、それぞれの正面に得体の知れない何かが居た。
 後で教わったんだが、それが〈大神〉だった。
 〈大神〉には第一位から第六位までの位階がある。その|神位階《しんいかい》って言うのは、戦闘力で決まるらしい。
 で、〈大神〉の一柱が言ったんだ。

 ここに喚んだ六人には才能がある。
 私たち、六柱の〈大神〉がそれぞれ目の前にいる人間に〈恩寵〉と特別な〈技能〉をやろう。
 それを使ってゲームをして貰う。
 ルールは簡単。
 最後まで生き残っていた一人が勝者。
 六人の中で最も強いやつを神にしてやる。
 何か質問はあるか?

 ってな。
 いや〈大神〉ってのは凄いな。
 意味不明なその状況を、完璧に理解させられた。
 は? とか思うこともできなかった。
 これはサバイバル・ゲーム。
 生き残ったやつが神になるゲーム。
 そして自分たちは|駒《・》。
 これは、〈大神〉たちが、自分の駒同士を戦わせて遊ぶっていう、神の遊戯。
 逆らうことは不可能だ。

 そんな状況下で質問を飛ばすやつがいた。
 右端から二番目のやつだ。

 何か報酬は無いのですか?

 だってさ。
 俺は思った。
 神にしてやるって言ってたじゃん。ってな。
 〈大神〉もそう返した。

 だが、右端から二番目のやつは続けた。
 
 それは優勝賞品ですよね? 僕は参加賞が欲しいのです。それも今すぐに。

 〈大神〉は少しだけ悩む素振りを見せると、こう返した。

 戦闘力が変化しない範囲でならどんな願いでも一つだけ叶えよう。何を望む?
 巨万の富? 一国の支配? 不老長寿にすることもできる。さあ何を望む?

 俺は必死に考えようとした。どうやったら永眠することなく、家でグータラと過ごせるかと。
 それはもう必死に考え始めた。
 で、考え始めたところで、もう一人が質問ではなく、苦情を飛ばした。

 一つじゃたりん!

 と。
 俺はバカかと思ったな。
 仮にも相手は〈大神〉。神だ。
 まあ、神である証拠は無いが、少なくとも俺はそう理解させられた。だから神だと信じていた。まあ、今でも信じているが。
 俺は思った。敬語も使えないほどバカなのかと。
 そいつ――一番右端のやつは周りを気にせずそのまま続けた。

 俺たちを勝手に呼びつけた対価も付けろ!

 偉そうなやつだなぁ、と思った。
 デカイ声で、威圧的に言うんだもん。
 俺は怖くて震えたね。
 ガクブルだった。絶対にあいつには関わりたくないね。
 まあ、それは置いておいて。
 寛大な〈大神〉は怒ることもなく、二つまで願い事を叶えてくれるって言うんだ。
 いやぁ。太っ腹だね。
 ついつい祈りを捧げちゃったよ。
 確か、龍神教だっけ? どこで入信できる?
 え? 神像の前で祈るだけ?
 じゃあ今度立派な像を作ってみるか。
 まあ、そんな感じで、生きるか死ぬかのサバイバル・ゲームが始まったわけだ。
 右端のやつはその後もずっと質問攻めにしてたし、ときたま左右のやつらも質問してたけどな。
 時間かかるなぁって思ってたら〈大神〉が、

 この空間は時が流れないから、いつゲームの舞台に行っても良いし、いつまでも質問してて良い。

 って言ったんだ。
 それを聞いたら、右端のやつの質問する速度が緩やかになった。
 けど、ずっと質問してた。
 先に舞台に行っても意味ないし、俺はとりあえず横になって寝た。
 だって眠かったんだもん。
 仕方ないね。
 召喚されたの深夜零時だもん。
 高校生は寝る時間ですよ。

 それでどうしたのって?
 いや、ずっと寝てたけど?
 ああ、起きた後?
 ぐっすり寝て俺が起きたら、他の人間は誰も居なかったね。
 で、俺もせっかくだから質問してみたんだ。
 ゲームの舞台ってどんなところって。
 そしたら、剣術と魔法が発達した魔物が蔓延る異世界だって言うじゃん?
 その後に、他の五人はどうなったのかって聞いたら。
 すでにその世界に転移済み。後はあなただけですよって言われた。
 その後に〈大神〉は改めて問うた。

「どんな願いでも、戦闘力が変化しない範囲でなら二つ叶えます。さあ何を望みますか?
 というかさっさと願い事を言って下さい!
 いつになってもゲームが始まりません!!」

 その時、俺はビビっちまって、すぐに思いついた願いを言ったんだよ。

「どんな願いでも二つか。
 えっと……。じゃあ俺。
 『とっても強い王様の子どもに生まれ変わって』『自宅警備に徹したい』です」

 そして俺は六人の中で唯一、転生をしたんだ。
 世界屈指の強さを誇る、地竜の王族。
 星王竜の息子に。

 まあ、卵から産まれる前に迷宮に召喚されたから、両親の顔なんて知らないけどな?

返信する!
コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

他の相談依頼

▼おすすめ小説!

夜空に上げる

投稿者 みりん 返信数 : 7

投稿日時:

久し振りに小説の本文を書いたので、客観的に見られない自分がいます。 このプロローグを読んでどんな印象を受けるか、続きは読みたくなる... 続きを読む >>

▼おすすめ小説!

星降る夜の落星

投稿者 冬空星屑 返信数 : 2

投稿日時:

 冬空星屑です。  主になろうとカクヨムをウロウロ。  ハイファンタジー書いてます。  竜神に守護された『星竜神国ステ... 続きを読む >>

境界の護り人 

投稿者 ソラナキ 返信数 : 3

投稿日時:

幻想的な雰囲気が出ているか、判定どうかよろしくお願いします。 続きを読む >>

小説のタイトル・プロローグ改善相談所『ノベル道場』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ