リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第3話 全4話で完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話・E

作者 せんり 得点 : 0 投稿日時:


 『退魔業』とはいうものの、幽利は未だそう言った父を信用してはいなかった。
 何せ今まで霊など見たことがないのだ。だから小学生の時、父から家の寺が代々裏方で退魔をしていたと聞かされた時は、正直いかれてしまったのかと思ったし、そんな見えもしないものを相手にしろなどと言われて、はいそうします、と返事をするわけもなかった。
 断固として拒否していたが、手回しをされていたらしい。何という親かと思いつつも、ふと考えて壮士にたずねる。「でるって言ってましたけど、どんな霊なんですか?」
「私も直接見たわけではないのだけどね。ポルターガイストはしょっちゅう起こるらしくて、部屋に住んだ人はみんな気味悪ががって出ていったんだ」
「霊の姿を見た人はいないんですか?」
「いないな。だからこそ余計に不気味なのかもしれない。これがイギリスだったら優良物件になるらしいけどね」
 ポルターガイストなら、むしろ怖いというより迷惑な面が強いな、幽利は思った。しかし最終的に範囲内だと思い直して壮士に告げる。
「いやー、おもしろそうじゃないですか。俺、姿が見えないのなら怖いと感じないたちなんで平気です」
「本当に、ここでいいのかい?」
「はい、もちろんです」
 見えなければ霊に忠告することもできないのだが、とりあえず幽利は霊のお手並みを拝見することにしたのだ。

 学校から帰って部屋を開けると、段ボールを飛び出し、物という物が散乱していた。
「これは、派手にやってくれたなあ……」
 思わず幽利がため息をつくと、耳に聞こえるはずのない声が後ろから響く。
『やーい、ざまあないね! わたしの領域にはいるからだよー!』
 幽利は一秒もかからない速さで、バッと後ろを振り向く。『あっ…………」
 そこにいたのは、着物の幼い女の子だった。

他の小説の第1話

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ