リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第3話 全4話で完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話

作者 得点 : 2 投稿日時:


 思えば、幽利はつらい幼少期をすごした。悪霊退治をしてほしいという依頼がれば駆け回る父親に連れまわされた。
 化け物に襲われるたびに、
「俺には幽霊なんて見えないんだよぉぉぉっ!」
 と泣き叫んでも父は許してくれなかった。

 小学校5年の時に、枯れ井戸から伸びた無数の手に引きずり込まれ、ゾンビのような亡者に揉みくちゃにされた。

「天魔外道皆仏性、四魔三障成道来!」

 ゾンビが一瞬で消えた。
 神官服を着た父は、白い紙垂を五十センチほどある幣串で挟んだ御幣を片手で持ち、ニヤリと笑った。

「カッコイイだろ。『退魔業』継ぎたくなったろ?」
「ならねえよ! クソ親父!!!!」

 それがトラウマで、何があっても父の”そっちの仕事”には同行しないようにしていたのに。

「あ”あ”あ”、はめられたぁぁぁ!」 
 幽利は頭を抱えた。
「まあ、なるようになる」
 壮士さんがポンポンと幽利の肩を叩いた。

「じゃあ早速、依頼があるんだけど」
「だから俺、除霊できないってば! 鬼か!」
「問題ない。お前の部屋にパートナーがいるから」
 壮士さんがニヤリと笑う。

 かくして幽利は座敷童と、自殺者が絶えないという”魔の踏切”に挑むことになった。

他の小説の第1話

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 0

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 748 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

さいきょーあんどろいどしすたーず

作者 三文山而 総得点 : 1

投稿日時:

1. 姉の発想パラノイア

 わたしはきゅうきょくにしてさいきょうのじんこうせいめいたいとしてせいぞうされたすーぱーあんどろいど21ごうです。さいきょうのそんざいとしてつくられたわたしはさいきょうでなければならないので、わたし... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 809 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ