リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第2話 全4話で完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第2話

作者 せんり 得点 : 2 投稿日時:


「ねぇ、ユーリ。緑茶はないの?」
 目の前には相も変わらず、座敷童を名乗る子供がいる。
「お前、いい気になってきてるな」
 この生意気な子供と同居状態で数日がたっていた。
 人の食事を奪う形になっているというのに、遠慮というものが日に日になくなってきている。さっき言われた緑茶のことも、はなから幽利がだすのは当然だと思っているに違いなかった。
「座敷童だとか言ってるけど、幸運どころかただの穀潰しだぞ」
 茶を入れてやりながらも、幽利は聞こえるように自称座敷童に文句を言う。すると子供はこちらに歩いてきて言い返す。
「今の言葉は私への侮辱か! このやろう落ちぶれさせてやる!」
「はいはい」
 しかし、本人は大迫力の脅しだと思っているらしいが、子供らしく言ってみせるだけで、何もしたことはない。座敷童は人を不幸にもできると言うが、こいつの場合ただのはったりだろう、と幽利は相手にしなかった。
「……いつか、後悔させてやるっ」
 今にも泣き出しそうな顔を見て、しまった、と思う。周りには聞こえないらしいが、一度泣けばうるさいわめんどくさいわで大変なのだ。こうして子供のぐずりに悩むおやのように、幽利は嫌々かまわざるをえないのだった。

他の小説の第1話

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

終末少年ジャンプ

作者 玉子 総得点 : 8

投稿日時:

「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ