リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第2話 全4話で完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第2話

作者 得点 : 0 投稿日時:


「よし、行くぞー!」
 本日は日曜日。当然、学校は休みだ。幽利はこの日、親から入金された仕送りで、以前から狙っていた念願のスニーカーを購入することにしていた。生活費? なにそれ美味しいの? という気分である。
 春うららかな昼下がりに外に出ると、アパートの庭の桜が目に入った。
「あれ、この木、見たことがあるような……」
 桜の木には、ボールがぶつかって凹んだような傷がある。
「これは……」
 幽利は振り返り、古びた2階建てのアパートを見上げた。なんとなく、記憶にある気がする。
「そっか、ここ、親父の知り合いのアパートだもんな」
 幼いころ、幽利は父親に連れられて、何度かこのアパートに遊びに来たことがあった。
「そうだ、同い年くらいの子がいて、一緒にボール遊びをしたっけ」
 キャッチボールをして、幽利が変化球を投げると「すごい、どうやるの? 教えてユーリ!」と、幽利のあとにくっついて離れなかった。
 幽利はその友達に会うのが楽しみで、父親がこのアパートに遊びに来るたびに、付いて来ていたのだ。
「なんで、会わなくなったんだろう」
 中学に入って、部活が忙しくなってからだろう。新生活が楽しくて、幽利は東京まで来るのが億劫になっていたのだ。
 来る頻度が下がって、その子も淋しがっていた。
「ねえユーリ、次はいつ来るの?」
「次の桜が咲くころには来てね」
 そんなことを言われていた。
「ユーリ」
 そうだ、こんな声で。
「ユーリってば!」
「うわ!」
 幽利は座敷童に抱きつかれた。不意打ちをくらった幽利は受け止めきれず、桜の下にうつぶせに倒れ込んだ。すぐ目の前には座敷童の顔があった。

他の小説の第1話

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 326 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ