リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第2話 全4話で完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第2話

作者 得点 : 0 投稿日時:


「よし、行くぞー!」
 本日は日曜日。当然、学校は休みだ。幽利はこの日、親から入金された仕送りで、以前から狙っていた念願のスニーカーを購入することにしていた。生活費? なにそれ美味しいの? という気分である。
 春うららかな昼下がりに外に出ると、アパートの庭の桜が目に入った。
「あれ、この木、見たことがあるような……」
 桜の木には、ボールがぶつかって凹んだような傷がある。
「これは……」
 幽利は振り返り、古びた2階建てのアパートを見上げた。なんとなく、記憶にある気がする。
「そっか、ここ、親父の知り合いのアパートだもんな」
 幼いころ、幽利は父親に連れられて、何度かこのアパートに遊びに来たことがあった。
「そうだ、同い年くらいの子がいて、一緒にボール遊びをしたっけ」
 キャッチボールをして、幽利が変化球を投げると「すごい、どうやるの? 教えてユーリ!」と、幽利のあとにくっついて離れなかった。
 幽利はその友達に会うのが楽しみで、父親がこのアパートに遊びに来るたびに、付いて来ていたのだ。
「なんで、会わなくなったんだろう」
 中学に入って、部活が忙しくなってからだろう。新生活が楽しくて、幽利は東京まで来るのが億劫になっていたのだ。
 来る頻度が下がって、その子も淋しがっていた。
「ねえユーリ、次はいつ来るの?」
「次の桜が咲くころには来てね」
 そんなことを言われていた。
「ユーリ」
 そうだ、こんな声で。
「ユーリってば!」
「うわ!」
 幽利は座敷童に抱きつかれた。不意打ちをくらった幽利は受け止めきれず、桜の下にうつぶせに倒れ込んだ。すぐ目の前には座敷童の顔があった。

他の小説の第1話

さいきょーあんどろいどしすたーず

作者 三文山而 総得点 : 1

投稿日時:

1. 姉の発想パラノイア

 わたしはきゅうきょくにしてさいきょうのじんこうせいめいたいとしてせいぞうされたすーぱーあんどろいど21ごうです。さいきょうのそんざいとしてつくられたわたしはさいきょうでなければならないので、わたし... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 809 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

作者 冷えピタ丸 総得点 : 0

投稿日時:

出会ったあの日も雨が降っていた。

もうすぐ小学校も卒業という冬の時期。時計の針が16時を過ぎていた頃、家に帰宅した僕はランドセルをひっくり返していた。ランドセルにも無い。筆箱の中にも無い。体操着入れにも無い。どこで鍵を無くしたん... 続きを読む >>

文字数 : 1,990 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ