リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

真飛幽利は一人で暮らしたかった。第2話 全4話で完結

2話

作者 匿名 得点 : 1 投稿日時:


「タカキ、実家からでてどんな感じだ?」
 ゴールデンウィークに都内の別の高校に通うタカキとファミレスで久しぶりにあったユーリは近況を訪ねた。
「うちはお前んとこと違って寮だからな。毎日騒々しいったらないよな。お前はいいよな。口うるさい寮母とかいないだろ? 悠々自適って感じじゃん?」
「そうだな。そのつもりだったんだけどな」
 ユーリは今朝の騒動を思い出してため息をついた。
 学校のない目覚まし時計がならないはずの休日に、朝の5時に頭からバケツ一杯分の水を浴びせかけられて起きたという惨劇を。
「ユーリィ....ゆーりぃ...」
 ずぶ濡れになって呆然としているユーリの眼前に目を真っ赤に泣きはらした様子の座敷わらしがいた。
 怒る前にその様子にあっけにとらわれて「どうしたんだ」と気遣った。
 何か怖い夢でも見たのだろうか。
 それとも具合でも悪いのだろうか。
 いや、座敷わらしが腹痛を起こすとか考えられないが、食事はするようなので食あたりになる可能性だってあるだろう。
「腹下したのか?」
 いつも騒々しく人の物は勝手に食べるし、勝手に使うし、勝手に壊す座敷わらしだが、見た目は10才にも満たないような子どもである。
 涙を流す姿をみると気遣わずにはいられない。
「......タロとジロに迎えが来たんだ。よかった。よかったよう」
「タロとジロ?」
 話についていけなかった。
「置いてかれたけど生きていたんだ...」
 上半身をあげるとテレビがついており深夜のつまらないテレビショッピングが流れていた。ユーリはリモコンを操作して番組表をみるとつい先程まで南極物語の映画があったらしい。
「分かるか?今ユーリにかけた水よりも何十倍も寒いところに置き去りにしたんだぞ。迎えにいったときにはあの2匹以外には助からなかったんだぞ。悲しい。この悲しさを聞いてくれ!」
「いやまて」
 泣いていたのは映画のせいであることは分かった。しかし、その話して悲しみを紛らしたいのなら、こんな朝っぱらから水をひっかける必要があるだろうか。
「みんな勝手だ。私だってずっと母様を待っているのに...!」

「はぁ」
「なんだよ。ホームシックかよ」
 疲れきった様子のユーリにタカキは心配そうに声をかけた。
「俺がホームシックというか。...知り合いの子どもが...」
 そこで、ふと思い付いた。
 座敷わらしと思ったあの子どもは、幽霊じゃないのだろうか。
 母親が戻ってくれば成仏して悠々自適な生活を取り戻せるのではないだろうか。
「タカキわるい。ちょっと用事ができた」
 ユーリはファミレスを飛び出し。

他の小説の第1話

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

真飛幽利は一人で暮らしたかった。の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ