リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 得点 : 1 投稿日時:


異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無くした魔王が咆える。

「たかが人間ねぇ。魔王さんよぉ、確かにアンタは強ぇ。」

咆える魔王の前に光り輝く剣を構えた男、勇者が魔王に語る。

「素手で山を砕き、魔法で海を蒸発させ世界の半分以上をその掌の中に納めたアンタは最強の生物だったよ。でもよ………」

「ッ!?」

勇者が振るった剣を魔王の大剣が何とか受け止める。
魔王と勇者の激しい剣の打ち合いが始まる。

勇者が振るうたんびに光り輝く剣、聖剣の輝きが増す。

「最強になっちまってアンタは傲っちまった、やり過ぎたんだよ。欲張り過ぎたんだよ。やっちゃいけねーことしたんだよ!」

「うぐぬぬっ」

勇者による剣の圧に、魔王の体が大理石の床にめり込む。

「国を広げるのは民のためならまだ言い分があった……だが、アンタは自国の民をも虐げ、よその国を蹂躙して世界欲しさに破壊を尽くした!」

バキンッ!

大剣が砕けた。

「なにぃ!?」

「そんなアンタの傲慢は、そんなアンタの悪は……俺の正義に負けちまったんだよ魔王。」

───────斬ッ!!

勇者の聖剣が魔王を真っ二つに切り裂いた。

「………………み、認めぬ…認めぬぞおぉ……勇者ぁあ!!!?」

「静かに散れよ魔王……『浄化』」

ボシユッ!

真っ二つになりながらも勇者に手を伸ばした魔王が黄金の炎に包まれた。

「長い、本当に長い戦いだった。」



この夏、世界を脅かした魔王は1人の勇者によって倒された。
勇者の名前は星宮ホシミヤ 薟レン。
1年前の夏に日本から召喚された若者である。
彼の勇者としての冒険は伝説となった。


そして、また一年の月日が流れ、王国歴30年 夏 アドラ王国 異界の門前にて


「本当に帰ってしまうのだな勇者よ。」

「ああ、それが約束だったじゃないですか国王様。」

異界の門前に立つ勇者レンは国王に言う。

勇者レンの姿は勇者として活動していた武装した姿ではなく、この世界に召喚された時の私服姿であった。

「俺の役割は果たしました。この世界、本当の平和を作るはこの世界の住民の役割です。」

「うむ、そうであったな。しかし、いいのか?ともに旅をした仲間達に別れを告げなくて。」

国王に言われ、勇者レンは……俺は魔王討伐まで一年ともに旅をした仲間達、友の顔を思い出す。

「確かに、きちんと別れをすませてないのは心残りですけど……アイツらも忙しいので………おっと、時間だ。」

異界の門が開き、光を放つ。

「国王様、今まで世話になりました。」

「世話になったのはこちらの方だ。強制的にお前をこの世界に呼び、過酷な戦いに投げ出してしまったのはすまなかった。」

「確かに、始めは辛くて泣きたくなることありました。戦いの中、多くの仲間も失い後悔もしたこともあります。でも、俺はこの世界に来て前向いて生きていく人達の温かさ、力を知ることができて良かったと思ってます。俺を召喚してありがとうございました。」

「ゆ、勇者……レンよ。真にお前は勇者であった。」

俺は国王様にお辞儀をして、門に足を踏み入れ「レンっ!」

足は、完全に門の中に入ってしまったが振り返るとそこにはこの王国の姫と、かつての仲間達の姿があった。

「今まで本当にありがとう!」

門から光があふれ出し、仲間達の姿が見えなくなったがその言葉は確かに聞こえた。

「またな皆。」

そう呟き、勇者レンは………勇者だったレンは異世界ガルガドアから姿を消した。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



地球 平成29年 夏 日本 星宮 薟の自宅にて

「見なれた天井………帰ってきたのか。」

まるで夢のような出来事だった。
夢のような……………ん?

俺は目をゴシゴシこすって再び天井を見つめる。
見なれた天井………確かに見なれた天井だけど、遠くない?

あれ?俺んちこんなに天井高かったけ?

そして、起き上がろうとした時に気づく。

あれ?ベッドの端が見えない……え?

そして、俺は見てしまった。
全てのモノが巨大なことに

「え?は?どういうことー」











異世界帰りの勇者が中指サイズ(約79.5cm)の姿で現れた。
この物語の目次へ

作者コメント

閲覧よろしくお願いします。

追加設定(キャラクターなど)

主人公:星宮 薟(ホシミヤ レン)

異世界から帰還し、中指サイズとなった勇者様。
身体能力は勇者のままであり超人的。
中指サイズでも象をも軽々と持ち上げてしまえるほど

他の小説の第1話

陰キャだって、陰キャなりにいろいろあるんです。

作者 くろわっさん 総得点 : 3

投稿日時:

俺、山谷 悟流(やまたに さとる)は今、人生最大級の大イベントに直面している。

「ねぇ、お話って何? 」

俺の目の前にいる、白石 緋音(しらいし あかね)に、可愛らしい声で言われた。

「あ……ええと……。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,028 投稿数 : 4 全話数 : 8話完結

アイドルとかいう異能力の無駄遣い!

作者 †カノ† 総得点 : 1

投稿日時:

「みんなー!今日も私たちのライブに来てくれてありがとー!」
ワァッと歓声が上がり、1000を超える人々がステージ上の5人だけを見つめる。
その様子はなんだか私がカミサマにでもなって崇められてるようで、とても気持ちいい…私がアイドル... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 532 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

異世界帰りの中指勇者の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ