リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

314の死と再生第4話 全10話で完結

314の死と再生 4 妹の不気味

作者 moba 得点 : 0 投稿日時:


 僕はもう一口、妹が注いでくれたシリアルを食べた。


「それでお兄ちゃんは、勉強マシンになるチョコを食べちゃったんだね?」
「ああ。断ったけど、油断してたんだ。放課後に振り向いたら、パクっと口に……そうだ、芙蓉寺さんは?」


 壁から妹に目を戻すと――なぜか僕は寒気を感じた。
 スプーンを持つ右手が震えている。

 馬鹿げている。
 まったくもって、馬鹿げたアイデアだ。だが。

 こんなに綺麗な、愛しい自慢の妹を――兄であるこの僕が――恐れている?


「ふふ……ふふふ……あの女が、私から3年もお兄を奪ったんだ……」
「明……?」
「ふふ……お兄ちゃん、あーん♡」


 明が、僕の手を取った。びっくりするくらい冷たい手で、僕の関心は一気に移った。明のもう片方の手が僕の口までスプーンを運び、反対の手を僕の頬に優しく添えた。

 明の慈愛の顔に見惚れながら、僕はがじがじとシリアルを噛んだ。

 三年後と言えば、僕の主観では、妹は二歳年上の女の子だった。
 僕がどきどきしたのはそういう理由だ。つまり、認識と現実のギャップに動揺したということで――

 明がシリアルの入った食器をどけた。
 彼女が僕に抱き着いた。


「もうどこにもいなくならないで」
「明……」
「もう二度と、私を一人にしないで」


 すすり泣く妹を、僕は抱きしめた。妹の耳元で励ましの言葉を囁いた。ますます明は泣き始めてしまった。あやすように手で背を揺すると、妹の声が少し大きくなった。

 僕のいない生活がどれだけ辛かったかを妹は語った。僕の目が覚めてどれだけ嬉しいかを妹は語った。自分の意思でなかったとはいえ、慕ってくれていた妹には、申し訳ないことをしてしまったと思う。

 でも、結果としては悪くないと思った。僕は聖ヨハネに入れたはずなのだから。今も知識を検索すると、身に覚えのないものがヒットした。体感的には損が無い。

 ただ一つ、気がかりなのは……

 ――私を一人にしないで

 ……まるで兄と自分しかこの世にはいない、というかのような口ぶりで……


「ゆっくり休んでね、お兄ちゃん」
「え?」


 僕の首に抱き着いた妹が僕の左耳を甘噛みすると、急速に眠くなり――

作者コメント

314回タイムリープするんです?

追加設定(キャラクターなど)

妹さんは、ヤンデレだったのです。

他の小説の第1話

初恋らぶ!

作者 橋田陽菜 総得点 : 1

投稿日時:

「おはよー、ひまっぴ!」
「あれ、早紀。今日早いね」
 私は花田 日葵(はなだ ひまり)、中一。ちなみに‘‘ひまっぴ‘‘っていうのは、私のあだ名。
今日は幼なじみで友達の黒木 早紀(くろき さき)とお出かけ!
「今日はお出かけ... 続きを読む >>

文字数 : 1,480 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

殺し屋はめんどくさい奴に好かれる(なんで?)

作者 厨二病? 総得点 : 0

投稿日時:

第一章 俺は世界最強の■■■
「おい。お前で俺の敵は最後か、、、?」
俺は腰を抜かして必死に逃げようとする自分より巨大な男を見下していった。
カチャ
俺は自分の一番気に入っている銃を相手にむけた。準備オーケー。
「いや、、。... 続きを読む >>

文字数 : 3,648 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 0

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 748 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

314の死と再生の第5話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ