リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

永久樹の魔女第2話 全4話で完結

永久樹の魔女 2 白骨の下僕

作者 moba 得点 : 0 投稿日時:


ハロー・ワールドッッ!!!!

風呂場で死んだと思ったら、草原で日向ぼっこをしながら
河の流れる音を聴いていた。

何を言っているのか(ry

何か大切なことを忘れている気がするが、
忘れているのならばもはや自分のことではない。

煩わしいので、忘れよう。

そんなことよりも、俺の体のことの方が重要だ。
湖面に映る姿は、一つの剛体とみなされた骨の集まりだった。

なるほど、夢か。

ならば、


「証明しよう! 骨の密度は水よりも
 小さいのだということを!!!!」


ダイヴだ。


全身、もとい全骨をしなったアクロバットが、
予想よりも上手く俺の体を運ぶ。

指骨。末節骨。手根骨。ギョーコツ、尺骨。

入水する。

そのスローモーションの中で、
川の底に誘われるような
強烈な衝動が魂を喰らった。

頭蓋骨。頭頂骨と同時に、鼻骨。
蝶形骨。側頭骨。上顎骨、下顎骨、そして頸骨。

脳みそにヨウ素液を注ぎ込んだかのように
気持ちが良い。


『ううおおおおおおおおおおおおおお!!!!』


水中で、その声の響きが全身=全骨を震わせた。

保存されたモーメントが腰を押し出し、
俺は水中で滑らかに5/4回自転する。

天を見上げる仰向けの姿勢で、
俺は水面に浮上した。


  ◇  ◇  ◇


二か月が経った。

実は俺は、一日目から、
これが通常の夢ではないことに気付いていた。

だから俺は、自分をだまし続けていたんだ。


骸骨の体は都合が良い。衣食住に困らないという時点で、
人生(?)がヌルゲーと化していた。

しかし、ここにはサブカルが無かった。
自分の楽しみは自分で作り出すしかないのだ。

まず俺は、河をくだりながら、連日野営ごっこをした。
馬鹿げているだろう?
だが、自分で火を起こせたときは、たまらなく嬉しかったぜ。

次に俺は、倒立を試みた。
馬鹿げているだろう?
だが、一日中倒立できたときは、最高にうれしかったぜ。

そうして俺は、一人芝居を続けて川を降った。

だがな、もう二か月だ。この河は、どれだけ長い。
倦怠感。それに、サブカルも無しにつまらない自分を誤魔化すのは限界だった。

てか、誰に向かって話しかけているんだ、俺はよ。
断言するが、ボノボの方が俺よりも幸せだぜ。

畜生。
俺は尾てい骨をさすった。

……もうダメだ。
いつになったら、この地獄が終わるんだ。

たぶんこの状況で嬉々として何かを作ったり、
丁寧な観察で無数の発見をするのが、リア充なんだぜ……。

……ああ。
ああ。つれえ。

つれえなあ。

つれえけど、自分でも自分に共感できない。
もっとしっかり生きろよ、俺。転生とか、これ以上ないほど恵まれてるだろ。

あああ。

ハロー・ワールド。
シャット・ミー・ダウン……


  ◇  ◇  ◇


 河の前に、竈があった。掘られた地面に一部が埋まった、石積みの竈だ。
 脇に木の山が3つもあり、月明かりに照らされて、竈の火が燃え続けている。

 竈の正面――川と反対方向に、十字の形の巨大な木の枝が刺さっている。その先端に、骸骨が顎骨を通していた。まるで何かの罪で裁かれた、というよりも魚の串刺しのように。

 俺の作った、馬鹿げたセットだ。


「ミステリィね」


 ううおわわっわわわあわわあああ!!
 ……マジビビった。人が来ていた。嘘だろ。人と会うとか、何か月ぶりだよ。

 見れば、呟いたのは闇だった。影よりも遥かに濃いそれは、闇と言う他無い。

 ……は? 闇が喋った??

 いいや、違った。その下に美少女がいる。
 ぬいぐるみかよ。


「確かに、何があったのか理解しがたい」


 黒い女に応えたのは、彩度の高い緑が目立つ美少女だった。宝石に喩えるのはナンセンスだ。飛び切りの美少女を想像して、その倍の美しさを持たせればこうなる。つまり、俺の想像を超えていた。やばいな。

 動くと驚かせてしまうだろうから、俺は話しかけるタイミングを見計らっていた。


「その骸骨を設置した者、そう遠くない前に火を起こした者がいるのは確かだ。だが私は、その気配を感知できない」


 この人、ちょっと中二病が入っているみたいだ。


「それに、気に食わないな。コクヨ―、何者かが私たちを見ている」


 コクヨ―て、文具店みたいな名前だ。
 見られてるって、中二病かよ。


「それって、幽霊じゃないの?」
「違うな。もっと生々しい気配を感じるよ」
「ふうん……」


 コクヨ―と呼ばれたぬいぐるみが呟くと、黒い霧が朦々と立ち込めた。
 は?
 霧は急速に俺に近づき、凝結した。まるでヨウ素デンプン反応的な、命を感じて変化する的な。

 気づけば俺は巨大な闇の手に掴まれていた。


「くおっ……!!」
「お前ね」


 ヤバい。意味が分からないけれど、ヤバい。
 こっちの世界に来てから、こんなに苦しいのは初めてだった。
 命に直接やすりをあてられるような、超常の感覚に死を意識した。

 やばいやばいやばいやばい。


「だ、黙っててすみませんでしたー!! でも、俺だって遊んでただけだから! 謎のガイコツごっこをやってただけだからー!!!」
「死刑ね」
「もう死んでるー! 死んでますからー!!」
「コクヨ―、離すんだ」


 中二女の言葉で、ヤバい女が闇の手を緩めた。巨大なそれは、霧のように拡散していく。


「気づいたらここに居て、なんか骨になってて、ずーーーーっと河を降りていたんです! 俺はただの憐れな生き物ですよー!!!!」
「その発言を信じるなら、君はこの騙し絵のような魔法に引っかかっていたようだね」


 騙し絵……?
 重力で落ちる川の水が、同じ部分に回ってくる絵を想起した。


「どうでもいいわ。それよりも、魔物が知恵を持つだなんて、聞いたことがない。お前、私の下僕になりなさい」


 ヤバい女が言うので、俺は平伏して命乞いをした。


「イエス、マム」


 こうして、魔女の旅に骸骨の下僕が加わった。


 ……下僕かよ。

 まあ、普通の人と接するよりは、骸骨としてはずっと気が楽だろう。
 それにヤバい女も俺の想像を超える美少女だった。

 ちょっと楽しくなるんじゃないかと期待した。
 何せ、他人に会うのは本当に久しぶりだったから。

 俺は表情筋が歪むのを幻覚した。

作者コメント

イベントがあったみたいだけれど、電波ぶっこんで丸投げだぜ!
あと二話なのに話進んでねえ!!!

追加設定(キャラクターなど)

◇白骨の下僕

 風呂場で死んだ、俺口調の転生者。魔女たちはそんな事情に一切興味が無い。
 ギャグ要因。

他の小説の第1話

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

陰キャだって、陰キャなりにいろいろあるんです。

作者 くろわっさん 総得点 : 4

投稿日時:

俺、山谷 悟流(やまたに さとる)は今、人生最大級の大イベントに直面している。

「ねぇ、お話って何? 」

俺の目の前にいる、白石 緋音(しらいし あかね)に、可愛らしい声で言われた。

「あ……ええと……。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,028 投稿数 : 4 全話数 : 8話完結

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

永久樹の魔女の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ