リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

不思議な雪第3話 全5話で完結

不思議な雪の第3話

作者 かえで 得点 : 0 投稿日時:


「おぉい、アザミ。アザミ出てこい」

コンコン、ベランダのガラスを叩く音がする。知らない。あんな音私は聞こえない。

マミはとっくに二階のベッドで寝ている。

私はガウンを羽織りユラユラ揺れる暖炉の灯を眺め続ける。

「アザミ、約束の10年だ。10年待ったのだ俺は」

ちら、と視線をベランダに向けてしまった。ハッとしてすぐに暖炉に戻す。

真っ白な人形がガラス戸を叩いている。

「あざみ、入れろ。俺は待っていたのだぞ10年も。ここを開けろ」

駄目だ駄目だ。あんなモノに大切なマミを渡してなるものか。今夜だ、今夜だけ乗りきればきっと……。

「アノ子はどうなった。10年も経ったのだ、さぞ丸く大きくなっただろう。俺のようにな」

視界の端でそいつはムクムクと大きくなっていく。白くまあるい巨躯へと変貌していく。

「マミィ、迎えに来たよマミィ」

山彦のような響く声が窓をビリビリ震わせる。こんなに暖炉の灯りが近いのに膝と肩の震えが止まらない。

ああ、私は10年前どうしてあんな事を……。キラキラ光る雪なんかを……。

帰れ! 帰って! そう強く望みながら視線は暖炉から離さない。
ここは私とあの白い悪魔の根性比べだ。

「ママ……何だか眠れない……」

聞こえた声に悲鳴をあげそうになった。マミが眼をこすりながら階段を降りてきてしまった。

奴はありもしない口でニィと笑いを「マミ、見ぃつけ」と言った。

追加設定(キャラクターなど)

あざみ
マミの母親

他の小説の第1話

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 0

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,653 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

不思議な雪の第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ