リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

君との絆

作者 ni-na 得点 : 1 投稿日時:


ー8月18日。「こんにちは。文京区仙崎小学校から来ました。清水さやかです。読書が好きです。よろしくお願いします。」ーそんな平凡な自己紹介から約4ヶ月半。私はこの学校で毎日楽しく遊んでいる。「〇〇ちゃーん!いこうよー!」いま私を呼んだのは、友達の葉月ちゃん。毎日区民センターで遊んでいるんだ!!葉月ちゃんは可愛くてスタイルがいい。ダンスをやっていて、その姿はとってもかっこよかった。区民センターでは、天下やおしゃべり、ゲームなどをしていて、毎日行っていても飽きないんだよねー。今日も葉月ちゃんとセンターに行く約束をした。「はぁーほんっとにあの子やだ!めっちゃくっついてくるんだよぉ?」「そ、それはちょっと...」「だってさ、毎日今日遊べる?明日遊べる?って聞いてくるんだけど!断ってもほんっとうに遊べない?ってしつこくきいてくるし!もうウザすぎ!なんなんあいつ!」「ほんとそうだよね!てかなんか服のセンスないし。ち、ちょっとダサい。」私は痛む心を無視していった。その後も、葉月ちゃんの愚痴は続き、それに加勢するたびに心が痛んで、苦しくなってくる。「またねー!明日も遊ぼうねー」「うん。じゃあね!」そう答えると私はため息をついた。家に帰って、お風呂に入ってまた、今日のことをぼんやりと振り返る。はあ、最近葉月ちゃんの悪口がどんどんヒートアップしてる。だんだん心がつかれてきたな。それに...なんか私も人の悪いところが見えるようになっちゃった気がする。これ以上ひどくならないといいなぁ...そう思って考えていると眠気がさしてきた。続きは明日考えることにし..よ..ぅ..「おや..す..み......」         ・
                ・
それから数日。私は変わらず葉月ちゃんと仲良くしている。だんだん心が痛むこともなくなりあの子が嫌われるのは当然だと思うようになった。今日も葉月ちゃんと色んな人の悪口を言いまくった。いつも通り次の約束をして家路につく。今日も楽しかったなぁ葉月ちゃんとはなんかきがあうんだよなー。そんなことを思っていると、ふと、数日前のことを思い出す。そういえば、ここでため息をついたんだっけ...それで、悪口が嫌だって思って...人の悪いところが見えるのが嫌で...心が痛んで..そうだ!悪口を言う人にはなりたくないって思ったんだ!思い出すと衝撃だった。「は、はは...こんなのって...真逆じゃん...」私は愕然とした。「なんでこうなってんだろ...なさけな..」ひと仕切りショックを受けて泣いたあと、そういえば、あのあと葉月ちゃんが大人の人にまで話していて、大人達もそれを平然と聞いているから葉月ちゃんが正しいって思っちゃったんだよ...。だから、葉月ちゃんを信じたんだ。でも...まちがってたのかな..。私、自分の心がわからない。これ以上悪化したらもう心を失ってしまうかもしれない。こわい...こわい。どうしよう。それなら...。
翌日、私は1組にいった。がやかやとした教室。みんな、楽しそう。その中に、葉月ちゃんを見つけた。もう、戻れない。勇気を出して「葉月ちゃん」といった。「あっ。〇〇ちゃんが読んでるから行くね!」こっちに駆け寄ってきた。「どうしたの?」ゴクリとつばを飲む。「あっ、あのさ、明日のことなんだけど 、」「えっ?遊べなくなっちゃった?」「うん。というか...ごめん。もう遊べない」「なっ、なんで?!」「ごめん。」「あやまんなくていいから!理由を教えてよ!」「それは..言えない。」葉月ちゃんから一回はなれて自分の気持ちと向きあうことにしたからだ。きっと、言ったら手を差し伸べてくれるだろう。そしたら甘えてしまうかもしれない。それから2りが話すことはなかった。

作者コメント

お好きなように書いてください!(ストーリーが成り立っていたら何を書いてもいいです)

追加設定(キャラクターなど)

キャラクター
・清水さやか(しみず-さやか)
・小桜千衣(こざくら-ちえ)後で出てきます
・希有葉月(きう-はづき)
乱暴な言葉づかいのところ、ごめんなさい。

他の小説の第1話

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

わちゃわちゃお泊まり会

作者 ミナト川 総得点 : 0

投稿日時:

 とても気持ちのいい晴れた朝。
 一匹のウサギが、机つくえに向かってハガキをせっせと書いています。
 しかし、次の瞬間しゅんかん、書く手が止まりました。

 「う〜ん…… これでいいのかなぁ……」

 難(むずか)... 続きを読む >>

文字数 : 882 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

君との絆の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ