リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第2話 全4話で完結

深緑の第2話

作者 あおとら 得点 : 1 投稿日時:


「どうする? 電車乗る?」
 紫鏡に問われ、文月はぐっと親指を突き出した。
「乗らない!」
「えー!!!」
「いやいやいや、だって普通乗らないだろ。どこに行くかも分からない電車。大都会まで行っちゃったら、どーするんだよ!」
「都会直通電車が、この田舎を通ってるわけないじゃない。ほーら、乗ろうよ!きっと、いつもとちょっと色が違うだけだってば~」
「お・ま・え・なぁぁぁ」
 短絡的な言葉に文月はため息をつき、ふと、紫鏡が妙に熱のこもったまなざしで、電車を見ていることに気づく。
 それは紫鏡が大好物のチョコレートケーキを前にしたときよりも、もっともっと熱く夢見るような瞳で、文月は妙な胸騒ぎを覚えた。
「えーい! 私、乗っちゃうねっ。文月はあつーい中で、電車を待ってなさいよ!」
 ポニーテールが翻り、電車の中に吸い込まれる。文月は慌てて、立ち上がる。
「おい! ちょっと、お前、待てって!!!」
 紫鏡を引き戻そうと、文月は電車に乗り込む。彼女と数秒遅れて電車に乗り込んだ、はずだった。
「え……」
 たったの数秒だ。
 しかし、そこに紫鏡の姿はなかった。
「おい、紫鏡?」
 車内はどこかレトロな古い内装だが、いたって普通の電車だった。しかし、なぜか嫌な予感がひたひたと腹の底から湧いてくる。
「ふざけんなよ? 紫鏡、隠れてないで、出てこいよ」
 きょろきょろしていると、文月は後ろから肩をたたかれる。
「ひっ……」
「ご乗車ありがとうございます。発車いたしますので、席にお座りください」
 30代ほどの車掌に声をかけられ、文月は首を振った。
「いや! 僕は友達を探しているだけで。乗車する気はないです!」
「いいえ、そんなことはありません。これは想いを残す人の前に現れる、特別列車。あなたには、やり残したことがあるはずです」
「……なにを言って」
「お友達は先に行きましたよ。ご乗車ください」

他の小説の第1話

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

暖冬傾向の春休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「また?休み?」掃除機に身を委ねていた猫がむくりと起き上がる。
「毎年冬休みの次は春休みじゃないか」この流れだと俺、猫と話しているみたいだな。
母さんなんだけど。猫って掃除機に吸われるの好きだよね。悦楽している。
「だって毎日ご... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 339 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

私の思い

作者 のとりあす 総得点 : 0

投稿日時:

キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬(いちの... 続きを読む >>

文字数 : 2,285 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ