リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第4話 全4話で完結

最終話・灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第4話・C

作者 玉子 得点 : 0 投稿日時:


 ――あの外科医を、どうにかしなければならない。
 そうしなければ、少年が大変な目にあってしまう。
 ……そう思ってしまえば、もう取るべき道は一つしか無かった。

 後日、その外科医を背後から付け狙い。
 階段まで差し掛かったところで、思い切って襲いかかった!
「何だ君は! ……し、死神!?」
 僕を見るなり、驚いて眼を剥く外科医。……そのあだ名、病院の職員にも広まり切っているのか。
 そんな事実を知る中も、一進一退の攻防は続く。
 しばらく動いて無かった身体で、暴れ続けるのは大分きつかった。それでも人間一人の抵抗、向こうも抑えきれずに、徐々に後ろへ下がっていく。
 ――外科医の踵きびすが、階段のヘリに差し掛かった。

「死神、何でこんなことを……ッ! 死神ッ!」
 迫る危機からか、やたらめったらに叫び出す外科医。
 その言葉が不思議と、今はしっくるきてしまう。
「そうだ。僕は死神だ……だから連れて行く、お前を連れて行く!」
「……狂ってる……ッ!」
 そんな戦慄の声に、にやりと笑ってしまう。
 惚れた女性のために、こんな無茶に出るくらいには、もう狂ってしまっている。

 ……やがて階段の踊り場へと、二人とも身体を投げ出した時。
 ふと、彼女が幸せで居て欲しいと、僕は思った。

他の小説の第1話

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ