リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第3話 全4話で完結

ボクの転生物語の第3話

作者 鷹人 得点 : 0 投稿日時:


(やぁー!良かった無事に転生できて。)
頭の中に声が響き、目の前に夢と大型ビジョンで見た金髪やつれ顔の美女が現れる。

「説明を求む!!!!!!!!!!!!」

瞬間、周りの人・・・・いや、人外の皆様が一斉にこちらを向く。
ボクは目の前でニタニタと微笑む女神・・・いや邪神ルミナスを指差す!指差す!!指す!!!サス!!!!SASU!!!!!

周囲の人外達は何かを哀れむような目でボクを一瞥すると、再び大型ビジョンに向かってルミナスの糾弾を始める。

(そんな慌てない、慌てない。今、私はキミにしか見えてないし、声も頭に直接話しかけてるから。)

ニコっと、全く安心感の伴わない笑顔に向かい、僕は頭の中で返答する。

(おい!!いったいここはどこだなんだ!?)

(渋谷スクランブル交差点だよ。言ったでしょ?殺しちゃったお詫びに転生させてあげたんだよ。キミが元いた世界になるべく近づけようと思ったんだけど、ちょびっとパラレルしちゃったけど。)

(いや!ちょっとじゃないし!鬼が渋谷ストリートファッション着こなしてるよ!ニュースキャスターがガチの猫耳美少女になってるよ!!!もろ異世界だよ!!どこのアニオタ外国人の想像世界だよ!!!断じて渋谷はこんな魑魅魍魎な場所ではない!!!!というより、あなためちゃくちゃな言われようしてるんですけど!!なんですか!?地球に大災害て!!!!????)

(ん?キミを生き返らす時に言ったじゃない。地球の裏側の敵を倒すために『不滅永剣:地殻断壊』を使ったら勢い余って攻撃が地球を貫通しちゃったって。だからもうすぐこの地球は地殻崩壊の大災害により消滅します。)

(そりゃ恨まれるわ・・・・。って!もうすぐこの地球ぶっ壊れるの!!!???したらボク死ぬじゃん!!!!!転生した意味ないじゃん!!!!)

(あ!大丈夫、大丈夫。私が持ってるもう一つの神剣。この『絶対救剣:天地創転』の使えば一瞬で地球を元どおりにできるから。)

女神はボクの目の前で乱れきった衣服の胸元から、神々しい光が輝く黄金の剣を取り出した。
一瞬、猫型ロボかよ!とか思ったがそんな場合じゃない。

(早く使えよその剣!!)

(うーん、なんか気乗りしないんだよね。)

(は!!!????)

(いや、こいつら私のこと全然崇めないんだもん。)

そう言って、ルミナスは周りを見渡す。

泣け叫び、怒り狂う異世界種族の方々。

(当たり前だ!!!どこの誰が自分の地球を滅ぼそうとしている奴のことを崇めるか!!)

(うーんだってねぇ。気が進まないと剣ノリも進まないんだよ。キミなんとかしてくれない?)

(は??)

(キミの私への信仰をこの愚民共に知らしめてよ。そしたら私もスッキリするし、こいつら助けてやっても良いかなて気はする。)

ボクは辺りを再度見渡す。

ルミナスが描かれたポスターをシュレッダーの如く破り続けるリザードマンさん方。
ルミナスに見立てられた銅像をハンマーで叩き割り続けるドワーフさん方。

周囲に響き続けるルミナスの名。

この方々を前にルミナスを信仰していますと宣えと???

(無理だろぉぉぉぉぉぉぉ!!!!明らかあなた悪いじゃん!!女神じゃなくてやっぱ邪神だよ!!!!!)

ズクん!!
心臓が急に締め付けられる。

(私を信仰しないと死ぬよ?私への信仰と引き換えにキミは転生したんだから。それに私の気がのらないと地球はこのまま滅亡。さぁ思い切ってこの偉大なる女神ルミナスの名をこの渋谷の中心で呼び讃えてよ!)

ボクはこの女神に殺され、転生させられ、今究極の選択に迫られた。

地球滅亡で死ぬか?
怒れる異世界住人の皆様にボコられて死ぬか?
くそ女神への信仰不足で死ぬか?

渋谷の中心でボクは何を叫べばいい???

他の小説の第1話

夕暮れの街角~冬晴れの冬休み第2話~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「ダメだ…思い出せないよ」
削除された記憶。俺たちは何でここに居る?砂丘を後にして。神々が集える出雲大社にやって来た。と言うことは神有月。十月?どうやらサーフィンではなかったようだ。
「…大分混乱しているよね」千葉が珍しく心配そう... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 408 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ