リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第3話 全4話で完結

ボクの転生物語の第3話

作者 ラミア 得点 : 0 投稿日時:


みんなが女神ルミナスを恨んでいる

どうやらこの世界は、そうできているらしい
一体なぜこんな世界になってしまったのか、話を聞いてみると

「バッキャロー!アイツが俺の世界の魔王との戦いで魔法を放ったらその流れ弾が俺に降り注いで来たんだぞ!?許せるわけねーだろ!」

とか

「ドラゴン倒すために、辺り一面荒野にする奴が女神なわけあるか!!」

だったり

「なんで吸血鬼と戦うのに俺のロードローラー持ってかれなきゃいけねーんだよ!?」

などなど……

彼女の蛮行がそれはもう無数に出てくる。
人の数ほど出会いがあるとはいうが、人の数ほど罪状が出てくるなんて、酷すぎるだろ

「しかしなるほど……ここの人達は、俺と同じなのか」

彼らは彼女のせいで死んでしまって、彼女に生き返らせてもらった人々、その集合体がこの世界なのか

同じような境遇な人間が集まれば、そりゃこうも荒れ果てもするか……

「おい、お前」

狼男のような人が、俺を捕まえる
「お前もアイツのてきとーなやり方のせいで死んじまったんだろ」
「えっ……」

確かに、おれも彼女のてきとーさによって死んでしまった一人だ。

「なら、お前だってアイツを恨んでるだろ?」
「それは……」

元の世界に未練はない、でも、だからといってむざむざ殺される理由もなかった。

「で、でも彼女も……」
「お前、アイツに私を崇め奉れ、って言われただろ?」
「えっ!?」

なぜそれを知っているんだ?

「ここのみんな全員がそうだ。『生き返らせてやる。その代わり私を崇めなさい』ってな」

あの女神、そんなことしてたのか!?

それを聞いた瞬間、俺の中に怒りがこみ上げてきた
女神とはいえ、失敗することもあるだろう。だけど、彼らの話を聞けば聞くほど、あの女神に全く反省している様子が見受けられない

その上で、女神ルミナスを崇め奉れだって?

なんなふざけたこと――――あってたまふるか!

「ふ、ふざけんな!あのクソ女神!!」
「そうだ、こんなことあってたまるか!お前も一緒に、アイツに復讐するんだ!!」
「おぉ!!」

腹の底から涌き出る怒りを声だかに叫び、彼らの列へと加わった

他の小説の第1話

君との絆

作者 ni-na 総得点 : 1

投稿日時:

ー8月18日。「こんにちは。文京区仙崎小学校から来ました。清水さやかです。読書が好きです。よろしくお願いします。」ーそんな平凡な自己紹介から約4ヶ月半。私はこの学校で毎日楽しく遊んでいる。「〇〇ちゃーん!いこうよー!」いま私を呼んだの... 続きを読む >>

文字数 : 1,564 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 5

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ