リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第2話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第2話・C

作者 ショウリ 得点 : 0 投稿日時:


「その髪……」
「ああこれ? 生まれつきの病気でね、いつの間にかこうなっちゃった」
灰のように真っ白な髪を撫でながら、ヒトミと名乗った少女は快く答えてくれた。冷静に考えれば初対面の女の子にしていい質問じゃなかった気もするけど、僕にとっては会話という行為自体がそれほどに久しぶりだった。まして年下の、おそらくそれなり以上に可愛い女の子相手ともなれば空でも飛ぶような難行といっていい。
おもわず目をそらした僕の顔を、彼女は何を気にすることもない様子で覗きこんできた。瞳が栗色なところをみるとアルビノというものとはまた違うらしい。
「ねぇねぇ、あなた名前は? どうして入院してるの? お部屋はどこ?」
「僕は……運命。逆識運命。入院してるのは、その、特別病室……かな」
「ふうん、重たい病気なんだー」
「うん」
死神病だとは言わなかった。僕から教えずとも、どうせ近いうちに誰かから知らされるのだから。
「ヒトミ、さんは」
「えっ、なんで私の名前知ってるの? やっぱりエスパー!?」
「……さっき自分で言ってたから」
「そだっけ? そうかも。で、なになに?」
「ヒトミさんは、本当に病気なの?」
入院患者に向かって、我ながら妙な質問だと思う。それでも僕は聞かずにはいられなかった。
「ヒトミでいいよ。で、私が病気なのはもちろん本当」
僕には人の死が見える。死ぬ七日前からモヤが見え始めるのがそれだけど、実のところ健康な人間でも多少の影はあるものだ。おそらく寿命が生み出すものなのだと経験的に思っている。
だけど。
「私の病気は『女神病』。いつ死ねるか分からない、運次第で何百年でも生き続ける、そんな病気なんだって」
文字通り陰りのない顔で、死なない少女はそう言った。

他の小説の第1話

終末少年ジャンプ

作者 玉子 総得点 : 8

投稿日時:

「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

桜がまた咲く頃、私はきっと消えている。

作者 なっしー 総得点 : 1

投稿日時:

きらきらと夕日を映して輝く川沿いを、二人乗りの自転車が通り過ぎる。顔にかかった髪を払いながら、深く染まったオレンジ色の空を見上げていた。

「あー腹減ったな。帰り何か食ってこうぜ」
「お、いいね!もちろん君の奢りでしょ?」

... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 495 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ