リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第2話 全4話で完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第2話・C

作者 ショウリ 得点 : 0 投稿日時:


「その髪……」
「ああこれ? 生まれつきの病気でね、いつの間にかこうなっちゃった」
灰のように真っ白な髪を撫でながら、ヒトミと名乗った少女は快く答えてくれた。冷静に考えれば初対面の女の子にしていい質問じゃなかった気もするけど、僕にとっては会話という行為自体がそれほどに久しぶりだった。まして年下の、おそらくそれなり以上に可愛い女の子相手ともなれば空でも飛ぶような難行といっていい。
おもわず目をそらした僕の顔を、彼女は何を気にすることもない様子で覗きこんできた。瞳が栗色なところをみるとアルビノというものとはまた違うらしい。
「ねぇねぇ、あなた名前は? どうして入院してるの? お部屋はどこ?」
「僕は……運命。逆識運命。入院してるのは、その、特別病室……かな」
「ふうん、重たい病気なんだー」
「うん」
死神病だとは言わなかった。僕から教えずとも、どうせ近いうちに誰かから知らされるのだから。
「ヒトミ、さんは」
「えっ、なんで私の名前知ってるの? やっぱりエスパー!?」
「……さっき自分で言ってたから」
「そだっけ? そうかも。で、なになに?」
「ヒトミさんは、本当に病気なの?」
入院患者に向かって、我ながら妙な質問だと思う。それでも僕は聞かずにはいられなかった。
「ヒトミでいいよ。で、私が病気なのはもちろん本当」
僕には人の死が見える。死ぬ七日前からモヤが見え始めるのがそれだけど、実のところ健康な人間でも多少の影はあるものだ。おそらく寿命が生み出すものなのだと経験的に思っている。
だけど。
「私の病気は『女神病』。いつ死ねるか分からない、運次第で何百年でも生き続ける、そんな病気なんだって」
文字通り陰りのない顔で、死なない少女はそう言った。

他の小説の第1話

桜咲くその日までさようなら

作者 ちひろ 総得点 : 2

投稿日時:

「えぇ、まずは皆さん卒業おめでとうございます────」

あぁ、もう終わりか。

何もなかった高校生活だった・・・・
友達とのカラオケや店巡り、友達なんて一人もいなかった。
恋をして告白したり、そもそも気になる女子もいな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 754 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

テンプレ異世界転生記

作者 日本海のピラニア 総得点 : 0

投稿日時:

 原 翔は成績優秀なエリート大学の4年生だ。しかし、就職活動に行き詰っていた。筆記の試験なら得意だが会話が苦手なのである。口下手でアドリブが利かず、受け答えがヘタでいつも面接で落とされていた。翔は努力家で勉強は怠けずに毎日していたが、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,653 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

私っていらない子?

作者 ゆり 総得点 : 1

投稿日時:

「あなたはできない子ね!」
「わー!バカがうつる~」
そんな言葉が鋭い槍となって私を刺していく。
そんな私はもうボロボロの布のよう。
そう、私は誰からにも嫌われている、鈴木こころ。 
私は親にも嫌われて、クラスメイトからも嫌... 続きを読む >>

文字数 : 442 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ