リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

クールなキミは私だけに甘えたがり第3話 全10話で完結

クールなキミは私だけに甘えたがりの第3話

作者 ゆり 得点 : 0 投稿日時:


キーンコーンカーンコーン
学校のチャイムがなる。
「今日はここまでだ~」
先生が言うと、みんな喋り始める。
チラッと海野の方を見た。
海野は1人で教科書の整理をしている。
すると、海野がこっちを見た。
私は目があって、びっくりして顔を逸らしてしまった。

私は放課後いつもの癒しの屋上まで行った。
ガチャ
ドアを開けるとそこには…
綺麗なオレンジ色の空とびっくりしてこちらを向いた海野がいた。
一瞬、気まずい空気になったが私はいきよいよくドアを閉めた。
すると、
「っ!鈴音!」
私が屋上から階段で降りようとするのを海野が止める。
海野は私の手をつかんだ。
「や、めてよ…」
私は思い切って行った。
すると、海野が私の手をはなした。
私は勢いでふらついた。
「やっぱり、鈴音は俺のこと嫌い?」
突然の質問に一瞬、びっくりした。
「前、鈴音、俺が言おうとした瞬間に走って逃げちゃったし、
今日は顔を背けるし。」
海野は一度言葉を切って強い口調で言った。
「鈴音は俺のこと嫌いなの?」
さすがにビックリした。
私は家族にも寝てるところを見せたことがないのにあの日、
海野の前で寝てしまっていた。
海野は信頼できる人。
私はやっぱり…
「海野、私は海野を嫌ってないよ。」
私は優しい口調で言った。
「あの時はびっくりっていうか家族にも寝てるところを見せたことがないのに
他人に見せるなんて恥ずかしくて…」
私が言うと海野はびっくりしたように目を見開いている。
「よかった…」
私にはよく聞こえなかったけど、海野がそう言ったように聞こえた。

作者コメント

読んでくれてありがとうございます!
できれば1話と同じようにしたいんですけど難しいですね…
でも、これからもよろしくお願いします!
続きをどうぞ!

追加設定(キャラクターなど)

ないです!

他の小説の第1話

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

私の人生を変えてくれた君に

作者 むりんぺ 総得点 : 0

投稿日時:

学校に行きたくない。足が重くて動かない。でも行かなきゃ。そう思いながらまたあの地獄の学校へと歩き出した。

「おはよぉ」
席に座って、本を読んでいた私に声をかけたのは、私の一番の友だち、山口みくちゃんだ。
「おはよう!みく... 続きを読む >>

文字数 : 1,725 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

クールなキミは私だけに甘えたがりの第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ