リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

桜咲くその日までさようなら第2話 全10話で完結

桜咲くその日までさようならの第2話

作者 ゆり 得点 : 0 投稿日時:


「ていうか誰なの…?」

なんだこいつ───
誰だ?

『僕かい?教えないさ』

その男は暖かい声で言った。

『じゃあ、未来を見に行こうか』

未来か…
見てみたいな…

男は謎の穴を出すと、言った。

『ここに入るといい』

ここに入れば未来が見える…
でも…なんかダメな気がする。

やっぱり、俺にはできない。
未来を見つめて、なにが自分の為になる?

未来を見つめて、いい生活だったら努力しなくなる。
嫌な生活だったら病みそう。

そんなことでくよくよする僕の未来を見つめて意味があるのだろうか?

僕は振り絞った声で言った。


「やっぱり、僕には見れない。」


少し震えた声だけど、きっぱりと力強く心を込めて言った。

作者コメント

続きを書かせていただきました!
主さんの想像と違うのは許してください!
続きを書きたい人はぜひぜひどうぞ!

追加設定(キャラクターなど)

特になしです!

他の小説の第1話

窓を開けたい第6限

作者 しとるんご 総得点 : 0

投稿日時:

外で、桜が舞っている。
高校に入学してから一週間が経った。
中高一貫校だから、友達の心配はない。
今日も相変わらず瑞稀と話している。
「高校の制服、やっぱ可愛いよね」
「中学の制服とは全然違うや」
談笑して、休み時間が終わ... 続きを読む >>

文字数 : 400 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

余命5か月後の君と5ヶ月間の物語。

作者 厨二病? 総得点 : 1

投稿日時:

「好きです。付き合ってください。」
放課後の教室にあまり聞かない言葉が響く。それから彼女はゆっくりと目を開き、笑顔で、
「ごめんね。私、彼氏とかつくる気もないから、、、でも言ってくれて、ありがとう。」
と答えた。そしてその相手は... 続きを読む >>

文字数 : 1,091 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

桜咲くその日までさようならの第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ