リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ボクの転生物語第2話 全4話で完結

ボクの転生物語の第2話・A

作者 白猫 得点 : 0 投稿日時:


目覚めると、僕はフカフカのベッドに寝かされていた。
起き上がり、自分の手を見下ろす。
小さい。
紅葉のような手の平。
身につけているのは、ピンクのフリルのパジャマ。
なんということだ、僕は幼女になっていた。
「場所が違うどころじゃない。性別すら違うって聞いてない」
いや、しかし、現代であるだけマシかもしれない。最悪、紛争地帯に飛ばされたかもしれないことを考えれば。
「前向きに生きるんだ!」
叫んだ瞬間、ゼコゼコと咳が飛び出した。
苦しい。肺が潰れて、体中の空気が外に押し出されるようだ。
この体は、とても弱いことを知る。
パジャマの袖で口元を押さえながら、体を丸めていると、扉が開く音が聞こえた。
「まあちゃん!?発作なのっ、大丈夫!?」
駆け寄ってきたのは、見知った少女。
笹本ちひろ。
僕が片想いをしている同級生。
「今はお母さん達いないけど、お姉ちゃんがついてるから。ゆっくり息を吸って」
笹本に抱擁されながら、僕は動悸の高まりを感じるのだった。

他の小説の第1話

彼は____。

作者 酢飯 総得点 : 0

投稿日時:

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

「まだやってんの?それ」
「それじゃない、趣味」
「そんなめんどくさい微調節が趣味なのか?」
「そうともいうし、違うといえば違う」
「じゃあどっちなんだよ…」
「うpし... 続きを読む >>

文字数 : 477 投稿数 : 1 全話数 : 9話完結

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

満月の夜、お前は俺を襲う

作者 エスビー 総得点 : 1

投稿日時:

 ちび共が待つ自宅への帰路を急ぐ途中。立ち止まったこうたは、ふと夜空を仰いだ。
 秋の夜長によく似合う、大きくまん丸い月。今まで見てきた月の中でダントツのサイズを誇るであろうそれは、普段風情など欠片も意識しないこうたですら、思わず見... 続きを読む >>

文字数 : 1,423 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ボクの転生物語の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ