リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

ソドム市警察殺人課第3話 全4話で完結

ソドム市警察殺人課の第3話

作者 ちんきゅう 得点 : 0 投稿日時:


そして時は流れ、事件から3年が経過した。

ガタッ!!

「いつまで寝てるつもりなのよ!!さっさと起きなさいよ!!」

棺の蓋を乱暴に開ける音と甲高い女性の怒号によって目覚めた俺は顔を照り付ける朝日に目を細めた。
棺の外からアリシアがかんかんに怒った顔で俺を睨みつけている。

「あ…ああ、今何時だね?」
「何時だねじゃないわよ!あんた三年も眠ってたのよ!」
「少し寝過ごしたか…」
「少しどころじゃないでしょ?三年よ?三年!」

たまにやらかしてしまう…。
あの日捜査が終わった後にいつものBARで一杯やっていた。
程よく酔った俺は空を飛んで自宅へ帰宅しようとしたが、いつも帰宅を妨害してくるガーゴイル達の数が普段より多かったのだ。
左手に魔力を集中させて放つ衝撃弾で応戦したが、撃ち落としきれない数のガーゴイルの軍勢が俺の帰路を遮断した。
そこで俺は両手で交互に衝撃弾を放ちつつ対抗したのだが、これがいけなかった。
あの時、逃げるべきだったのだ。

魔力を使い切った俺は地上へと落下した。
急速に迫りくる眼前の地面を前に残された魔力全てを絞り出してテレポーテーションの呪文を詠唱した。
俺は地面に墜落する寸前で実家へ帰省した。

切り立った岩山の中腹に聳え立つ我が古城の自室で俺はフラフラとよろめきながら冬眠場所を求めてさまよう吸血虫のように棺を目指した。
魔力が回復するには長い時間を要すると思っていたが…まさか、3年も冬眠していたとは…。

「それで事件は?」

暫く回顧に浸った後、俺はアリシアにそう尋ねた。

「まだ未解決よ!三年も眠って呑気なものね!」
「すまない…吸血鬼には暫し冬眠を必要とする時があるのだよ」

俺はそう言うとポケットからぼっろぼろの煙草を取り出すと口に咥えようとした。

「やめて!」

アリシアはそんな俺の手をはたいて煙草を落とす。

「なんだ、いいじゃないか。煙草ぐらい」
「実はね、あなたが眠ってる間に私は別の事件を解決して刑事部長に昇進したのよ、娼婦が殺された事件の担当はあなたから私へと交代して、あなたは私の部下になったの」
「そういうことか…まあ、3年も眠ってたならそうなっても仕方ないな。しかし煙草は私の趣味だから仕事とは無関係だろ」
「残念ながら、うちの課は禁煙にしましたので、煙草はやめてもらいます」
「ちぇっ…なんだよそれ…」
「さあ、捜査に出発するわよ!」
「あいよっ、デカ長」
「あいよじゃなくて、はい!」
「はいっ!デカ長!」
「よろしい」

不本意ながら俺は棺から立ち上がると背筋を伸ばしてアリシアに敬礼した。
そんな俺の態度をみてアリシアは不機嫌そうな表情を若干和らげた。
マントをはおい部屋を出ようとする俺の背中にアリシアが再び声をかける。

「ちょっと、そんな寝癖ぼさぼさの頭で出勤する気?」
「えっ?」

俺は咄嗟に壁にかかった大きな鏡を覗いた。
しかし、吸血鬼は鏡に映らない。
どうしよう、これでは頭髪を確認できない。
しかし、どうして俺の部屋には鏡が置いてあるんだ?
自分の姿が鏡に映らないことくらい大昔から分かりきっている筈なのに。

「困ったもんだ、俺は吸血鬼だから鏡でチェックできないや」
「仕方ないわね!待っててあげるからシャワー浴びてらっしゃい!」
「はぁ~い」

アリシアに子供のように扱われる俺は自分に自信を無くし項垂れながら浴室を目指した。

他の小説の第1話

深緑

作者 あすく 総得点 : 25

投稿日時:

「暑い……」
三国文月は、駅のベンチでぐだっていた。薄いTシャツ1枚に、ハーフジーンズというラフな姿。頭の帽子は海外の野球チームのイニシャルが縫い込まれている。
文月の座るベンチから見えるのは、むき出しの改札口とホーム。そ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,499 投稿数 : 18 全話数 : 4話完結

福音のモーラ

作者 氏号一 総得点 : 0

投稿日時:

 夏の夜空に駆ける星。僕の目はまだたくさんの光が見えていた。大人になるにつれて少しづつ消えていったように思える。ただ目が悪くなって見えなくなったと思いたいんだ。何故なら僕はまだ子供だから。キラキラした世界を夢見ていたい、そんな年だから... 続きを読む >>

文字数 : 880 投稿数 : 1 全話数 : 4話完結

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ソドム市警察殺人課の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ