リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

Megaptera stratosfera第3話 全4話で完結

Megaptera stratosferaの第3話

作者 つたぬき 得点 : 0 投稿日時:


「もう少しだよ…」
声が震えていた。
願いを、込めて冷たくなった手を握る。
「大丈夫だよ…」
その声は凍えていた。
背に背負った妹が生きていた事に安堵するが、既に体力の限界だ。
雪山の雪を踏み締める膝の力が抜ける。
雪が深くなかったら転んでいた。
雪に沈まないように這うように進む。
「ねぇ…私を置いて行ってよ…」
その言葉に瞳が揺れる。

その日は祭りの準備で忙しかった。
村は養蜂で栄える普通の村で、巨大鳥に乗って放鳥を行い、山々を回る一族を迎え入れる大事な日に祭りがある。
その日は、女王蜂と一定数のハチノコを残し、ハチミツの収穫を終えた冬を越せない蜂を燻して若い巨大鳥と一緒に食べる予定だった。
祭りを皆が楽しみにしていた。

だが、それが行われる事はないだろう…

最初の異変は、なんだったろうか?
俺と妹は、帰って来る一族を労う演劇の古くから伝わる演目の役者に選ばれ、連日練習していた。
最初は熱の入った演劇だと思った。
死んでいる他の演者相手に、しばらく演技が続いていた。
誰かがざわめき出し、主演の眉間に予定のない矢が刺さりパニックになった!
自分が妹を連れて逃げたのは、そういう役だったからに過ぎない。
そうでなかったら、一生後悔する恥を心に負っただろう。
…気付くまでの、一瞬の高名心、不幸中の幸いを得たという錯覚じみた、興奮がダイハードに繋がった!
生きる運を呼んだ!
下風を嫌い、足後を民俗衣裳の腰蓑で丹念に消しながら、定石と反対の山頂を目指した。
その理由は…そこに、一族の祠があるからだ。
一早く、帰投する族長がいるとすれば、そこだ。
その一念で、成人の儀式に使われるような険しい道を妹を背負い歩く、歩き続けた行く…

作者コメント

巨大鳥に乗って、季節に従い餌を求める鳥と一緒に旅をする。
体重が重いと飛べないので、女性や子宝が多い。
交易専門の女性だけの族門がいるので一族の隠れ里で取れたハチミツや盗品などを売りさばく。
怪我や歳で一線を退いた女性が運び屋になる。
年に一度の冬籠もり前の祭り以外に接点は余り無く、世間的には繋がりが分からない。
それ故、信用が高い。
目や耳が良く、『デンパ』なるものが見えたり、聞こえたりする女性がたまにいたりする。

円盤蜂
巨大な蜂で、針が震えるとスピーカーの代わりになる。
高山にしか生息せず、一族しか知らない。
宇宙人の作った電脳生物。
女王蜂にプログラムで命令を与えられる。


宇宙起源の証がある。
未だに、女王蜂に命令を与える電子施設や航空施設、気象予測施設が生きている。

クジラ
高度文明のTV電波が、この星の成空層にぶつかり増幅された結果(?)

他の小説の第1話

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

投稿日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 総得点 : 3

投稿日時:

私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 384 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

あなたの、本当に、欲しいもの。

作者 家節アヲイ 総得点 : 8

投稿日時:

 二択。

 行くか行かないか、食べるか食べないか、右か左か。
 人生において直面する、シンプルで、もっとも悩みやすい問題。

 大抵は、取るに足らないような二択をぼんやりと選択することが多いけれど、シンプルだからこそ、重要... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,042 投稿数 : 4 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

Megaptera stratosferaの『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ