リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

私の思い

作者 のとりあす 得点 : 0 投稿日時:


キーンコーンと鐘の音がして私の意識が戻る。
「起立、礼」と授業を終わらせた、いつもどおりの退屈な変わらない日常。
だが、そんな私の日常はある一つの人によって変わる。
「まいっちー!起きてる〜?」
と、陽気に彼女、一ノ瀬いちのせゆいは話しかけてくる。
「起きてるよ〜もう…」
「でも、授業の後半寝てたじゃん!」
「それは…あの先生がつまらないから…」
「それに、私は授業ちゃんと理解してるし!
私の心配するよりも自分の心配したら?」
「うっ……舞様…教えてくれませんか?」
「もう、仕方ないな〜どこがわからないの?」
「わーい!ありがとう。まいっち!」
結は私の小学校からの幼馴染で学校の登下校や学校行事やクラスさえも一緒のことが多かった。
だから、親友?といった関係にある。
でも、私は違う。
彼女に微かかもしれないけど恋心が芽生えつつある。
「ここが、こうでそうするとこれがこうなる。わかった?」
「おぉ〜!さすがまいっち。わかりやす〜い!」
「助かったよ、ありがとう!」
「どういたしまして。」
「まいっち、放課後空いてる?」
「放課後、どうして?」
「ちょっと聞きたいことあってさ…」
「う、うん?わかった、教室で待ってるね?」
何の話か全く検討がつかないが予定もないので付き合うことにした。
そして時は流れ、放課後になった。
「お待たせ〜係の仕事出遅れちゃった〜」
結はいつもと変わらぬ笑顔で来る。
「うん…話って?」
「えっと…さ、まいっち最近何かあった?」
「え?どういうこと?」
「何か、雰囲気が変わったていうか、私喋ってると違和感があってさ……。」
「違和感?」
「うん…何ていうか、ごめんね、私語彙力無いからうまく説明できないけど昔のまいっちに比べて大人びたって言うか…。」 
「そ、そりゃあ私達もう高校生だよ?変わるに決まってるでしょ?」
「違うの!何ていうか私の知ってるまいが消えたって言うか何ていうか……。」
「消えた?もう、おかしなこと言うために私のこと呼び出したの?」
だが、彼女の言っていることは正しい。
友達が恋愛対象としても見れる自分が出てきたせいで友達として見てたときと大きく変わっているに違いない。
そして、それを悟られないように自分を偽り友達をも偽る自分がいるのだから。
「結、帰ろう?もう遅くなっちゃうよ?」
「うん、そうだね……。ごめんね変なこと言って。」
「私は気にしてないよ〜!」
私はまた嘘をついた、憂鬱になりそうだ。
私はいつまで自分に、そして友に嘘を吐かなければいけないのだろうか、その背徳感に押し潰されそうになる。
「ねぇ、まいっちキスしよ?」
「へ!?な、何言ってんのよばか!」
「だめなの?」
「駄目に決まってるでしょ!私達女同士だよ?それに…。」
「女同士でも、友達同士なら良くない?」
「まいっちがそんなに嫌って言うならしないけど…」
「別に…そんな嫌ってわけじゃないけど…」
「やっぱり…まいっち変だよ。
昔のまいっちならこんなのきっぱりと断ってたもん。」
何なの……?急に優しくしてきて……。
「まいっち、不安なこととか無い?私心配だよ?いつものまいっちみたいに私の無茶振りに答えてたけど今回は少し違う気がしてさ……嫌なこととかあったら言ってよ?」
「……………悩み事ならあるよ。」
「え?」
「私さ…結との関係で今1番悩んでる。」
「私との関係…?」
「うん…私さ、結のことが……」
本当に言っていいのかな……?
これは自分が悪い。そんなことは私が一番わかってるのに……
嘘の次は責任を他人に押し付けるのかな?
自分が勝手に好きになっておいてそれを人のせいにするの?
そんな雑念が私の思考に降りかかる。
でも、言わないとスッキリしない……。
それに私の様子がおかしいのはもうばれてるし…。
「私のことがどうしたの?」
「結のことが………」
「すき…。」
「え?そんなの知ってるよ?」
「それに私も好きだよ?」
「違う!あなたの好きはあくまでも友達としてでしょ!?」
「私は一人の女の子として恋してるの!!」
と、私は少し怒りぎみに強い口調で言い放つ。
「え?でも…。」
「何なの?いきなりキスしようとか言い出してそれで私が断ったらあなたはおかしいとか言い出して…。」
「私のことを弄んでるの?私は苦しんでるのに…。」
「馬鹿にしてんの?軽々しく相談に乗るとか言うな!
私のことを少しも理解してないくせに!」
「えっと…」
「もう、これ以上私の前に近づくな!!
イライラするんだよ!あんたが近くにいると!」
「…………うん、ごめんね舞。」
結はそう短く言い残し私の前からゆっくりと一定のペースで歩き教室をあとにする。
コツコツと廊下を歩く軽快な音が鳴る。
そして、それがその音が遠くなり安心したと同時に私は啜り泣く。
何で?私は泣いているの?
私は自分が泣いていることに顔をつたい顎から膝にかけて落ちる涙で気づく。
私がなく必要は無いのにどうして?本来泣くのはあんな理不尽なことを言われて絶交された結のはずなのに…。
それ以前に私は結のことは嫌いなはず。
私を馬鹿にしてくるあの人が、それなのにどうして……。
私は結が居なくなって胸が張り裂けるそうになるの……?
結のことなんかどうでもいいのに…!

作者コメント

https://ncode.syousetu.com/n5598gk/
で小説を書かせている新参者ですがどうか続きや指摘等をくださると非常に助かります。

追加設定(キャラクターなど)

高ノ宮 舞
高校生
頭が良く一度ぐらいの授業なら聞き逃してもどうにかなる。
一ノ瀬 結のことを妹のように面倒を見ながらも恋人になりたいと思う1面もある。

一ノ瀬 結
高校生
舞とは小学校からの幼馴染で舞と比べて陽気で純粋さを持っており周りからは常に明るい子という印象を持たれている。
舞とは親族を除く誰よりも中がよくお互いを信用しあっている。
少し幼さなも残っており舞のことを姉のように慕う。
舞のことは親友だと思っており、舞のことは恋していると明かされるまで気づかなかった。

他の小説の第1話

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 10

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

プリズンチルドレン

作者 たろー 総得点 : 1

投稿日時:

「死ねやおらぁ!」
 わたしことミキはゆっくんに殴りかかった。
 ゆっくんは悲鳴を上げながらも実に楽しそうに逃げ回る。それにわたしが追随し駆け回るため、わたし達ひまわり組の部屋は凄惨な有様だ。こうきくんが半年かけて組み上げたレゴの... 続きを読む >>

文字数 : 2,138 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

私の思いの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ