リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜第2話 全4話で完結

死神チート能力を持って異世界転生。なのに来世でもやっぱり7日で死ぬことになった件

作者 うっぴー 得点 : 0 投稿日時:


 気づいたら、いつもの見慣れた病棟とは異なる真っ白な空間にいた。
「すみません。私の手違いで本当にごめんなさい!」
 ヒトミちゃんが何やら必死に謝っている。なぜ、彼女が謝っているのかさっぱりわからない。
「あなたの寿命はあと7日のはずだったのに、私の手違いで、今日、死ぬことになってしまいました!」
「はあ?」
 すでに生への執着はほとんどなかったが、こういう冗談はあまり愉快なものではない。
「そこで、ちょっと早いですけど。来世のお知らせです!あなたは異世界に転生することになります!そして、私は死神のお仕事をミスったバツで、しばらくあなたのサポートをするよう神様から命令されました! ちなみに異世界でのあなたの寿命も7日間です! いろいろバグっていてすみません!」
 どうやら彼女が病棟にやってきたのは、何らかの精神疾患が原因であるらしい。言っていることが支離滅裂だ。
「ちょ、ちょっとヒトミちゃん、落ち着いて」
「ふつうなら来世に期待! ですが、いきなり最悪の来世で申し訳ありません!でも、このヒトミちゃんが素敵な異世界ライフを徹底サポートするので、安心して死んでください!」
 まったく安心できない……
 だが、彼女はどうやらごっこ遊びがやりたいらしい。ここは年長者として、付き合ってあげるのがやさしさというものだろう。
「あー、わかった。わかった。取り敢えず、ヒトミちゃんは死神で、僕は今日死んで、異世界に転生して、そこでも7日で死ぬということでOK?」
「はい、そういうことです! さらに今だけの素敵な特典で、運命(サダメ)さんには、異世界でもレアな固有能力がプレゼントされます! ぶっちゃけチートです! これで残り7日間を思いっきりエンジョイしてくださいね!」
 なんかもう笑うしか無いけれど、まあいいや。僕は静かに頷いた。残り7日間、この騒がしい少女と過ごすのも悪くないかも知れない。
「はい、契約は完了です!」
 その声を聞いた時、僕の意識は静かに暗転した。

他の小説の第1話

悪夢狩り

作者 花太郎 総得点 : 1

投稿日時:

 A県A市、人口数万人が暮らすとある一つの高校で奇妙な噂が広がっていた。『夢の中で死ぬと現実でも死ぬ』そんな話が実しやかに囁かれていた。実際、A市ではここ一ヶ月に渡って不審死が相次ぎ、それは年端もいかない高校生が主な被害者だった。もち... 続きを読む >>

文字数 : 4,133 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 1

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ