リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

魔王様はお困りです第3話 全10話で完結

魔王様はお困りですの第3話

作者 まだあたたかい 得点 : 1 投稿日時:


「待たせたな魔王! 勇者ロドリゲスここに見参! さあ、いざ尋常に勝負せい!」

ばたーん、と派手な音を立てて魔王城大広間の扉が勢いよく開かれる。この扉は半自動である。千年の間魔王の使用に耐えた扉は流れるように気持ち良く開かれ、また気持ち良く閉じんとしていた。これは便利な機能でなにしろ開けっ放しという心配がない。西部劇の酒場についてたりするアレスイングドアというらしいですねのような機能である。

「魔王! 臆したか! さあ顔を見せい! ……ぷぎゃ!」

勇者ロドリゲスの顔面に 機能に従って戻ってきた扉が命中する。
悲痛な叫び声とともに勇者ロドリゲスはくずおれた。

「大丈夫ですかい、旦那」

愛馬たるシステマが心配そうにのぞき込む。だが返事はない。

「ありゃ、とうとうくたばっちまいやしたか。ああ勇者ロドリゲスここに死す。まああっしと旦那の仲だ、せめて墓ぐらいは掘ってやりますかね。おおっと、そういってもあっしにゃカモシカのように美しい前足と蹄はあっても人間みたいな手ってやつがありませんや。墓穴掘るにも掘りようがない、手もないのにこりゃまったくお手上げってやつでさ。じゃ、そういうわけで旦那、あっしはこれで」
「待てい、愛馬よ」

死せる勇者が立ち上がる。少々鼻血が出ているようだ。
「ありゃ生き返った」
「死んでなぞおらぬ。ものすっごく鼻が痛かったがな」
「ああ、あれ。ツーンってきますやね」

楽しく会話していると、ぎいっと音を立てて魔王城大広間の扉が開く。その向こうには一つの影。

「ぬ! 出おったな!」
「いよいよ最後の戦いってやつですかい」

影はのそのそ進んでくる。少々やる気というものにかけているようだ。

「あー、ちょっと待ってくれよ」
「いくさ支度か。勇者の情けじゃ、待っておるから十分に召されよ」
「いや、そうじゃなくって」
「トイレですかい」
「そうでもなくて。あのさ、俺もその勇者ってヤツなんだけど」

出てきたのは若者。彼もまた勇者である。
まさに今、ここ魔王城において二人の勇者が邂逅したのであった。

「ふ……なるほど、共闘、ということじゃな?」
「いやね、戦う前にね、魔王さん今いないんすよ。外出中」
「やはり臆したか。で、いつ戻ってくる?」

若い勇者はふあああ、とあくびを漏らし少しばかり背伸びをした。

「俺も知らないんす。あー、帰ってくるときに、かわいい女の子でも連れてきてくれないかなー。ここ女っ気ないし。うーんそうだな、おめめぱっちりでおっぱいおっきい子がいいなー」

自分の胸に手を当ててぶるんぶるん振っている。下品である。

「いやあ旦那。この勇者も旦那並みにゲスっぽいですぜ」
「バカを申すな! わしは巨乳になぞ興味はない!」
「巨乳はヒロインの基本だろう!!」
「……いや旦那方、そっくりですわ」

作者コメント

女の子キャラ欲しいです

他の小説の第1話

儀式(あの日から彼女は上履きを履かなくなった)

作者 ロミオ 総得点 : 2

投稿日時:

高三の時,僕はクラスのA子さんと仲良くなった。
僕とA子さんはよく一緒に帰った。
A子さんは僕にとって生まれて初めて出来たガールフレンドだった。

四月の下旬の風が涼しい夕方学校が終わって僕はA子さんと一緒に帰っていた。
帰... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,072 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

満月の夜、お前は俺を襲う

作者 エスビー 総得点 : 1

投稿日時:

 ちび共が待つ自宅への帰路を急ぐ途中。立ち止まったこうたは、ふと夜空を仰いだ。
 秋の夜長によく似合う、大きくまん丸い月。今まで見てきた月の中でダントツのサイズを誇るであろうそれは、普段風情など欠片も意識しないこうたですら、思わず見... 続きを読む >>

文字数 : 1,423 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

灰空ときどき死神〜ぼくが生きた7日間〜

作者 鷹人 総得点 : 2

投稿日時:

...........眩しい。

ぼくは白い、ただ真っ白な光の中を漂っていた。

ぼくという存在を優しく受けとめてくれる。
そんな光。

ここは何処なのだろう?

ぼくは.............
ぼくという存在は.......... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 3,843 投稿数 : 14 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

魔王様はお困りですの第4話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ