リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~第6話 全10話で完結

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~の第6話

作者 たはらさん 得点 : 0 投稿日時:


やはりと言うか当たり前なのか。朝がやって来た。昨日とは違う日。日曜日の朝。ここから暖かい雨になり、春の嵐となるらしい。沖縄では夏日となる。「2月やで?!」あったまてっかてかそれがどうした?耳が無いのに!どうやって聞いているんだ?「骨だよ。微弱な震動をAIが音声に変換しているんだ」鼠に囓られた耳を想い出すかのように青い元猫型ロボットは、薄く笑った。「使うのかい?独裁者スイッチ」全ては僕の…いや、俺の幻想なのか?最後に残るのは嫌だ。米中露。三竦みから逃れようと足掻いている。宇宙軍拡大構想。多分、人類を滅亡させた宇宙人とは未来からやって来た地球人。「皆有り難う。さようなら」平成…と言う名前の10万馬力の人型ロボット。内憂を打ち消すのは外患。毎週末攻撃してくる宇宙軍に地球人は一丸となり闘い続けた。
そうなんだ。戦争が始まって僕らは生まれた。戦争のために作られた歌を聞かされて。
それが当たり前だった。だが地球は其れを許さなかった。立て続けに起こる自然災害。「もう、地球に安全な場所など残ってはいない」西暦202X年。神の王国は、その思想に基づきアラスカに建立された。あまりにも温暖化が進み北極も南極も溶けてしまい地上はほぼ海洋となり。僅かにアラスカが残っているのがアメリカだった。
この物語の目次へ

作者コメント

どんどん趣味的な話になっていく。

追加設定(キャラクターなど)

地球人vs地球人。

他の小説の第1話

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 11

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

クールなキミは私だけに甘えたがり

作者 ひよこ 総得点 : 1

投稿日時:

今日もキミは、、、教室の人気者。
いつもクールで長い前髪の奥から覗く青い切れ目はクラスの女子を虜にする。
サラサラとした黒髮に深く澄んだ青色の眼光。
性格もクールで、、、基本誰とも会話もしない、、。
なのに、、、なのに、、、、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 925 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

窓を開けたい第6限

作者 しとるんご 総得点 : 0

投稿日時:

外で、桜が舞っている。
高校に入学してから一週間が経った。
中高一貫校だから、友達の心配はない。
今日も相変わらず瑞稀と話している。
「高校の制服、やっぱ可愛いよね」
「中学の制服とは全然違うや」
談笑して、休み時間が終わ... 続きを読む >>

文字数 : 400 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~の第7話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ