リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

首無し姉妹第2話 全5話で完結

首無し姉妹の第2話

作者 のん 得点 : 5 投稿日時:


 先に自分の顔を洗ってしまおうと思っていたわけだけど、私の両手は妹の頭で塞がっている。一旦下ろして......というのも嫌で、妹の顔を先に洗ってから自分の顔を洗うことにした。のは良いものの。妹の顔を洗ったからって、妹の顔は消えない訳で。
「先に洗ってあげるから、自力で戻ってよ」
「えー、面倒くさいー。洗って来てくれるって言ったじゃん」
「む......もう、わかったわよ」
 両手で持っていた妹の頭を左手オンリーに持ち変えて、蛇口を捻って水を出す。ちらりと妹を確認すれば、しっかりと目も口も閉じていた。このまま流水に突っ込めばいいだろう。
「ひゃ、つべば! おねえじゃ、ひどっ」
「え? なに!?」
 妹の悲鳴に慌てた私は、うっかり手を滑らせて妹の頭を落としてしまった。水はためていなかったから溺れる心配はなかったけれど、そのぶん衝撃はあるだろう。何とかキャッチしようと思いいたった私は、急いで手を差し出し──首がとれた。
「うわあぁああ!?」
「いっ! あ、あれ。へぶ!」
 戸惑いの声と柔らかい感触がする。首がとれたせいで更にパニックになってしまったわけだけど、何とかキャッチは間に合ったようだ。でも、キャッチできた妹の頭の上に私の頭が落ちてしまったから、無事とは言えなさそうだった。頭の下であばれているのが伝わってくる。
「すぐ退くから待って!」
 そう言いながら胴体を動かして、自分の首をくっつけた。それと殆ど同時に妹の胴体もやって来て、自分で拾いあげている。幾ら眠たくて面倒だとはいえ、流石に動いたようで少し安心した。が、自分で自分を救出した妹はそんな訳もなく。
「酷いよお姉ちゃん。死ぬかと思ったんだからねー!」
 眠たそうに半分閉じていた目が、ぱっちりと開かれていた。首がとれるのは良くて、とれた首が落ちるのはだめなのか。落とされたのがだめだったのか。妹の感性がまったく理解できなかったけれど、確かに妹は怒っていた。昨夜に謝り倒したばかりで謝罪に飽々していた私は、元気そうだしいいかと勝手に結論付けて、適当に流す。
「でも目が覚めたでしょ」
「もー、お姉ちゃんの意地っ張り」
「はいはい」
 すっかりパニックも消え先のことがどうでもよくなった私は、自分の顔をまだ洗っていなかったことを思いだして、手早く済ませた。隣で騒いでいた妹は部屋に戻っていったようだ。私も戻ろう。
 首がとれてもやっぱりちゃんと生きているようで、お腹が空いてきた。部屋の時計を確認すればいつもの朝食の時間は過ぎている。
「何かあったかな」
 冷蔵庫を覗けば、調味料と少しの野菜、あとは飲み物しかなかった。ご飯は炊いてないしパンも買ってない。麺類ももちろんなかった。首がとれちゃうような状態で外に出るのは嫌で、お菓子で済まそうと戸棚を開ける。たしか買い置きがまだ残っていたはずだ。
「あれ、ない。ののちゃーん、お菓子知らない?」
「今食べてるー」
 そう言われて視線を向ければ、カステラを丸ごと頬張ったまま振り向いた妹と目が合う。おそらくそれが最後のお菓子だ。私が分けてと言おうとしている間にも、妹はどんどん食べてしまっている。ふと、妹の首がまた外れているのに気が付いて、私はまだ残っているカステラより食べられたカステラの方が気になってしまった。
 首が外れることにはもう大分なれてきてしまったけれど、血とか神経とか、本当にどうなっているのだろうか。それ以前の問題だと頭の片隅でツッコミを入れながら、自分で自分の首をやさしく持ち上げてみた。高くなった視界が少し怖いものの、他に違和感は感じない。そのままグルリと体を一周させ、また妹を視界におさめる前に、知らない女の人と目があった。

 耳の近くまで口が裂けた、真っ赤な髪の女の人。うっすら開いた唇から血のようなものが溢れ落ちて、私は今日何度目かの悲鳴をあげた。

作者コメント

ご自由に解釈して下さい。女の人が人外とは限りません

追加設定(キャラクターなど)

他の小説の第1話

深緑

作者 あすく 総得点 : 25

投稿日時:

「暑い……」
三国文月は、駅のベンチでぐだっていた。薄いTシャツ1枚に、ハーフジーンズというラフな姿。頭の帽子は海外の野球チームのイニシャルが縫い込まれている。
文月の座るベンチから見えるのは、むき出しの改札口とホーム。そ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,499 投稿数 : 18 全話数 : 4話完結

死世の戦 

作者 fk 総得点 : 4

投稿日時:

???「ん…?ここは?」

目を覚ましたとき男性が現れた。

???「やっとお目覚めだね。赤童拳(しゃくどう けん)くん。」

拳「初対面なのに俺の名を…っ!?だ…誰だよ?そしてここは何処?」

骸木「僕の名前は骸木大... 続きを読む >>

文字数 : 1,493 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

首無し姉妹の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ