俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕膳の皿へ羽幌のゴジラ海老

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今回も無季になるか季語と認められるかわかりませんが、今回はゴジラエビを季語に見立てる事にチャレンジしました。
このエビは、他にも名前がありますが、私たちはゴジラエビで統一してますのでこの名前を使用しました。旬が春から6月までとされてますので春の季語とみなせると考え用いりました。
数年前から、ゴールデンウィーク時期になると知り合いから、道内の羽幌町産のゴジラエビが届くようになり、それを夕食の準備時に皿に盛り付けをするワンシーンを句にしました。
今回は助詞へを使いましたので、句跨りの句になりました。

最新の添削

皿上で戦ふ吾とゴジラ海老

回答者 イサク

こんばんは。

御句、俯瞰してみると「夕飯の皿へ【食材】」と限りなく報告文に近しい構成でして、せっかく「ゴジラ海老」というワードにチャレンジしているのに勿体ない気がします。

俳句に「ゴジラ海老」という単語が出てきたら、受け手はいい意味で違和感を感じると思いますので、その違和感を生かしたいです。例えば「ゴジラ」という部分を生かすなら「侵略」「戦う」「海から来る」などはすぐに発想できるでしょう。

「ゴジラ海老」は季語とは呼べないかもしれません(季語とは、厳密には「詠み手と受け手が共有できる、季節を感じるべき言葉」です。季語を共有するための道具が歳時記や季語辞典です)が、春~夏頃の無季語俳句としてもよいかと思います。

あと蛇足ですが、御句の構成はあまり句またがりとは言わない構成です。句またがりとは「単語」や「単語+助詞」が五七五の切れ目をまたいでしまっている状態を言う場合が多く、御句は五七五に区切りがありますので。
ほとんどの句で五七五の切れ目をまたいだ意味のつながりはありますし、仮に全ての切れ目で切れている句は、むしろ「三段切れ」です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕膳の皿へ羽幌のゴジラ海老」の批評

回答者 はちこ

句の評価:
★★★★★

歳時記にないものを詠むはすごいチャレンジャーですね。ゴジラ海老を調べたらでっかくて美味しそうでした。あと、やっぱり地名が入ると具体性が増しますね。

点数: 0

添削のお礼として、はちこさんの俳句の感想を書いてください >>

ゴジラ海老札幌の春統べにけり

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

ちょっと調べましたが、季語にはならないようですね。別に構わないと思いますが。
夕膳は省略できそうなので、読み下しました。添削でなく、私ならという句です。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

斬りつけてきさう羽幌のゴジラ海老

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

カイさん、こんにちは。

ゴジラ海老なる食材は調べて初めて知りました。トゲトゲが何とも恐ろしいですが、実に美味しそうですね。
春から夏にかけてが旬だとの事。作者の中で「ゴジラ海老といえば春」という季節感があるのなら、それは尊重したいです。
ただ句の中で季語として立っているかというと…。具体的な地名を入れる効果こそ出ていますが、やってるのが皿に並べているだけ…。これはちょっと残念ですね。

意味合い的に、「夕膳」「皿」どちらかは削っても問題無さそうです。なんなら全部削っても、というところ。
空いた文字数でどのようにゴジラ海老の存在を立たせるか、が勝負になってきます。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪女化粧を落とす午前二時

作者名 丼上秋葵 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

数学で汗ぬぐう手でxとは

作者名 中学生(初心者) 回答数 : 4

投稿日時:

春暁や両手に有り余る仔犬

作者名 四条虎 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕膳の皿へ羽幌のゴジラ海老』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ