俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

一輪のあじさひくるり万華鏡

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

紫陽花をみて万華鏡を連想しました。
それと、万華鏡は季語でしょうか?
よろしくお願いします。

最新の添削

「一輪のあじさひくるり万華鏡」の批評

回答者 卓鐘

コメントありがとうございます!結構長いことこのサイト使わせてもらってるというだけで別に信頼は厚くないですよ 笑
お詫びとのことですが、公序良俗や著作権とかに問題なければ、サイトの使い方は人それぞれなんで気にしなくて良いかと。

さて、御句、他にも紫陽花と万華鏡を詠まれてますが、なかなかこの二つを一句に入れるのは難しいと思います。(僕も思いつきません)
いくつか理由があります。
•万華鏡事態がそもそもイメージ力が強すぎて季語を食ってしまいがち。(紫陽花にか変わらず)
•具体的なものを万華鏡と例えるのは使い古されていて作品として陳腐になりがち
(蝶が舞うとか、紅葉が燃えるとかみたいな陳腐さ)
•紫陽花と合わせると比喩じゃなくても比喩っぽくみえちゃう

まぁ詠みたいものは詠みたいで詠めばいいんですけどね笑
できるだけ評価される作品を作るという意味においての参考程度に。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「一輪のあじさひくるり万華鏡」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
コメントありがとうございます。
このごろ気が付いたのですが、自分の生活のひとこまを俳句すれば良いのではと。
それと一旦季語から離れることですかね。
12音を詠んで季語を合わせると後で良くなる。
季語のことばかり考えると季語を説明する句になります。今でもその傾向は私も同じです。
それもいいのですが、余程のオリジナリティーがないと評価されないと思います。
めいしゅうさんもたくさん作っておられますが、たくさん作って捨てることが上達する早道だと思って私もたくさん作ってたくさん捨てています。2022年2月から今まで3277句作りました。駄作ばかりですが、中には評価されたものもあります。
めいしゅうさんは川柳をやって基礎がありますから、私よりどんどん上手になりますよ。
この道場は厳しいことを仰る方もおりますが、あとで振り返るととても勉強になったと事ばかりです。
お互い俳句を楽しみましょう。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

星とぶや叶はぬ夢の夥し

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 2

投稿日時:

ピアソラの夏拍手前なる二秒の余韻

作者名 裾野奈保子 回答数 : 5

投稿日時:

レモン水いつも恋しい歌手ヤマト

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『一輪のあじさひくるり万華鏡』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ