俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

踊れない男去るべし踊子草

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

クラブなんぞは行くもんじゃなし

最新の添削

「踊れない男去るべし踊子草」の批評

回答者 登盛満

こんにちは。日焼けの句への添削いただきありがとうございました。そうなのです。自分が烏帽子岩と言う名前だと知らないのも、日焼けしているのも、烏帽子岩なのです、、、そう詠みたかったのですが、、、
なんとも!失敗したようです。擬人化挑戦はまだまだでした。なっちゃん先生なら、「日焼けなんてしてる場合じゃない!」って消されるところでした。出直します。
御句拝読させていただき、こんな風にサラリと、こう言った趣旨の作句も出来たら楽しくなるだろうなぁ〜と。私はまだまだ基本をしっかり勉強せねばですけど。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

踊れない男入るな花の宴

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

コメントありがとうございます。
サイロの専門性については、経験の長い俳人ならばわかる農業建築物だと思います。日本では主に北海道に集中していますので、接点がない方はないのかもしれません。
それよりも、推敲で「草」が不要という発想に至りませんでした。元句では「枯草」「干草」との季重なりとずっと戦っておりましたので・・・(元句は「少し残った草」というニュアンスで投句しました)そちらに意識が引っ張られたようです。勉強になりました。

御句はどちらかといえばお遊びで作った句とお見受けします。
なので「近すぎる」「標語になっている」という当たり前の指摘は野暮ですね?
せっかくなのでクラブ感を出したいのですが、俳句という世界では難しいですね。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春寒しゴルフの試合めく笑点

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

令和男子ねだる通学日傘かな

作者名 かこ 回答数 : 15

投稿日時:

深き夜のエントランスの茸かな

作者名 イサク 回答数 : 25

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『踊れない男去るべし踊子草』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ