俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

墨を磨るひと間に匂へ山桜

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

本居宣長の、
「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」
を想っての句です。

最新の添削

墨磨れば匂ひ来たりし山桜

回答者 秋沙美 洋

負乗さん、こんにちは。

初読で、「墨をする人あいだに匂へ山桜」と読んでいました。が、「墨をするひとまに匂へ山桜」とも読めそうだなと…どちらでしょうか?
多分後者かなと思いつつ…添削句としてみました。いかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

墨の香の隙間に匂ふ山桜

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

思い入れは置いておいて、句だけを拝見させていただきます。
どうしても「山桜の匂ひ」の対比対象として「墨の香」を意識せざるを得ないのですが、その香りがどこにもないように感じます。
また、「山桜の匂ひ」も命令形のため、まだ匂っていないということになり、せっかくの嗅覚成分はどこへ・・・?となっているように感じました。

さらに言えば、墨を磨る目的も想像できるといいですよね・・・普通は「書」なのですが、対象の「山桜」が前面に出てきているため「水墨画」を描こうとしているとも取れて、私としては実景が曖昧なままでした。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青黒く指さき腫れて水草生ふ

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

壺焼きの路地を抜けきて岬まで

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ハモニカの少女に嬉し花野かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『墨を磨るひと間に匂へ山桜』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ