俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手の届く高さで眠る胡蝶かな

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝の実景で詠みました。
明日も仕事です。

最新の添削

眠る蝶手を伸ばしても逃げもせず

回答者 イサク

こんばんは。

どう評価したらいいか難しい句ですね。
形はできています。
蝶の眠る高さ自体は、文字通り「手の届く高さ」で眠るものが多いので(オオゴマダラは知りませんが)、これを「発見」ととらえるか「只事」ととらえるか、という・・・

>負乗さま
横から失礼します。「眠る蝶」でひとつの季語ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

手の届く高さでとまる胡蝶かな

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

秋沙美さん、こんばんは😊
拙句への添削、ありがとうございました。参考になったです。
さて、御句ですが、コメントに実景とありますが、なぜ胡蝶が"眠っている"と分かったのですか?
こっちの判断ではないですか?☺️
「眠る」は、科学的にも、修辞上でも、どうかな…と、思いましたです。

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

たま風や線香は揺れ昇る朝

作者名 田中なかすじ 回答数 : 1

投稿日時:

碧空や雨戸見下ろす梅雨の明け

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

入学す背負われて歩くランドセル

作者名 ワイス 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手の届く高さで眠る胡蝶かな』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ