俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

抜け出せぬ布団の温かな心地

作者 のんき  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

組またがりの是非
シンプルに詠んでみたけれど、もっといい表現がないのか知りたい

最新の添削

抜け出せぬ蒲団はブラックホール級

回答者 いなだはまち

のんき様
よろしくお願いいたします。

まあ、なんてのんきな句でしょう!
ずる休みの言い訳は、どうしましょう。

南風の記憶さまのご指摘の通りですが、何かに例える方法が残されてはいまいか!
で、提案句となりました。
最後の二文字は、級、なり、然、落つ、
すきにしてくださいまし。
因みに蒲団と布団の違いはご存知ですか?

それと、かなはやめてくださいね!
「かな」を字数合わせに使わないで欲しい派です。

参考になりますやら。
ご一読いただきありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「抜け出せぬ布団の温かな心地」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★
★★

はじめまして。

率直に申し上げて、私はこの句を”添削”できません。なぜなら「布団」以外の言葉は書く必要がないと思います。布団は「温かな心地」がしますし、寒い日などはなかなか「抜け出せない」ものです。「布団」以外の情報がないので、一つでも違う単語を入れると”改作”になってしまいます。

提案ですが……この布団に「何かしらの思い入れがある」ということを書けば、印象がまるで違ってきます。例えば、この布団を小さい時から使っていて、愛着が強いというふうに詠むのはいかがでしょうか。以下のような感じです。

「ぼろぼろの布団あたたか吾の半生」

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

カーネーションか羊羹かに決めかぬ

作者名 東次郎 回答数 : 4

投稿日時:

初競りや三千万の握り喰う

作者名 めでかや 回答数 : 0

投稿日時:

キャンディーズレコード聴くや春の宵

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『抜け出せぬ布団の温かな心地』 作者: のんき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ