俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あといくつ風に舞う舞う花吹雪

作者 野間たえ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

少々暗い話になってしまい、申し訳ございません。この年だとついつい考えてしまいます。宜しくお願いします。

最新の添削

あと何度見ることあらむ花吹雪

回答者 よし造

提案句のような句意ではなかったかと思います。上五で切れが入るのでしょう。
ただこのままだとどう読んでも他の方のコメントのような句意になってしまうと思います。できるだけ読み手に句意が伝わるように表現することが必要かと思います。
間違っていたらごめんなさい。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あといくつ風に舞う舞う花吹雪」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「あといくつ」がかなり厄介な働きをしていますね。意味合いとしては
「あと何枚の花びらが残っているかしら」
「後どれくらいの期間花吹雪が観れるのかしら」
読み方によって上記のように取れます。あるいは、別の存在に「あといくつ」の言葉が掛かっているようにも見えます。
とりあえずこの上五は別の言葉に変えたいですね。

「舞う舞う」のリフレインも、内容によっては効果的になる可能性もありますが、現状だと少し安直な仕上がりになっています。
句意が上手く掬えなかったので僕からの添削は控えます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

あと幾度風に舞う花吹雪舞う

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

上五「あといくつ」が桜の花びらのことだとすると、桜の花びらを数えるというナンセンセス(不可能?)なことをしようとしていることになってしまいます。
別のことを比喩しようとしているとしても、中七下五「風に舞う舞う花吹雪」からは推測することができません。
コメントにある「暗い話」もわかりません。意味を隠すと、詠み手が思うほど受け手には伝わらないものです。

花吹雪を主役にして、隠された意味をなくして、一物で作り直した提案句を置いておきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝顔や郵便受に投句くる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

さて登山お題を前に首捻る

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

恋神籤引きし神社の梅よ如何

作者名 あああFC 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あといくつ風に舞う舞う花吹雪』 作者: 野間たえ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ